田川啓二と黒柳徹子

写真拡大

 黒柳徹子とファッションデザイナーの田川啓二が集めたコレクションがそろう展覧会「SU・TE・KI!展」が、日本橋高島屋8階で開催される。会期は8月3日から16日まで。
 田川啓二が黒柳徹子のドレスを手掛けたことをきっかけに交流が始まり、同展では「和〜匠の技〜」「フラワーズ〜花の世界〜」「シノワズリ〜珠玉の中国様式〜」「オリエンタル〜東洋の配色美〜」の4つのカテゴリーに分けて2人が所有するコレクションを公開。昭和初期の贅を尽くした嫁入り道具をはじめ、オートクチュールのビーズ刺しゅうを施した着物や、インドやアフガニスタンで収集したアンティーク布やショール、清時代の宮廷衣装、アンティーク食器、花模様の刺繍のタペストリー、ガラスのペーパーウエイトなどが展示される。また、9月13日から25日までの期間に京都高島屋での巡回展を予定している。