画像提供:マイナビニュース

写真拡大

LGエレクトロニクス・ジャパンは7月12日、HDRに対応した31.5型ワイド4K液晶ディスプレイ「32UD99-W」を発表した。7月28日から発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は114,000円前後(税別)。

HDRの規格HDR10に対応する4K液晶ディスプレイで、4辺のベゼル幅が1.3mmのフレームレスデザインを採用している。液晶パネルはIPS方式で、色域はDCI-P3カバー率が95%、sRGBカバー率が99%以上。Rec.709、SMPTE-C、EBU、DICOMにも対応。SDR映像を画質アルゴリズムによってHDR画質に変換する機能も備える。

ゲーム用の機能として、タイムラグを最小限に抑える「DAS」機能、暗いシーンの視認性を高める「ブラックスタビライザー」、ゲームに最適な映像モード「ゲーミングモード」などを備える。AMD FreeSyncテクノロジーにも対応。

ほか、ブルーライト低減モードやフリッカーセーフなどの機能も搭載。別売りのキャリブレーションセンサーを使うことで、ハードウェアキャリブレーションにも対応する。

主な仕様は、解像度は3,840×2,160ドット、視野角が上下左右ともに178度、輝度が350cd/平方メートル、コントラスト比が1,300:1(最大5,000,000:1)、応答速度が5ms(GTG)。インタフェースはHDMI×2基、DisplayPor×1基、USB Type-Cポート×1基で、すべての端子で HDR、4K/60Hzの表示が可能となっている。

スタンドのチルト角度は、前-5度/後20度、110mmの高さ調整とピボットも可能。VESA100mmに対応する。5W+5Wステレオスピーカーを内蔵しており、本体サイズは714×D259×H485〜595mm、重量は8.4kg(スタンドあり)。