欅坂46主演ドラマ『残酷な観客達』最終回にけやき坂46が出演

写真拡大

 欅坂46が主演を務めるドラマ『残酷な観客達』の最終回に、けやき坂46のメンバー全員が出演することが分かった。

関連ビジュアル

 企画/原作を秋元康が手掛け、『第35回向田邦子賞』受賞の矢島弘一が脚本を担当した本作。5月より日本テレビにて放送がスタートし、7月12日深夜に最終回が放送となるが、その回にけやき坂46のメンバー12人が出演することとなった。けやき坂46のメンバーが全員でドラマ出演するのは初のこと。作中では、第1話の時の欅坂46メンバーと同じく、自分たちにどのような運命が訪れるかまだ知らない女子高生を演じるとのこと。併せて、最終回の場面写真と撮影現場のオフショット写真も届いている。

 ドラマ『残酷な観客達』最終回は、7月12日25:09よりオンエア。


<長濱ねる - コメント>
最終話でけやき坂46全員で出演させて頂けて本当にありがたいです。誰も予想できないような結末になっています。最後までハラハラドキドキするドラマになってるのでお見逃しなく!ありがとうございました。

◎作品情報
ドラマ『残酷な観客達』
2017年5月18日(木)放送開始
毎週木曜0:59〜1:29 日本テレビにて放送
※地上波放送終了後より、Huluにて先行独占配信スタート(初回は第1話、第2話同時配信)
<主題歌>
欅坂46「エキセントリック」
<スタッフ>
企画・原作:秋元康
脚本:矢島弘一  
監督:矢島弘一、日暮謙
音楽:牧戸太郎  
制作:八木元 
プロデューサー:植野浩之
企画制作:日本テレビ 
制作プロダクション:イメージフィールド
製作著作:「残酷な観客達」製作委員会

(C)「残酷な観客達」製作委員会