「残酷な観客達」の場面写真(C)「残酷な観客達」製作委員会

写真拡大

【欅坂46・けやき坂46/モデルプレス=7月12日】欅坂46の主演連続ドラマ「残酷な観客達」(日本テレビ/毎週木曜午前0:59〜1:29※水曜深夜、関東ローカル)の最終話となる第10話にけやき坂46のメンバー全員が登場することがわかった。

【さらに写真を見る】欅坂46主演ドラマ「残酷な観客達」のオフショットが到着!平手友梨奈と長濱ねるの2ショットも

同ドラマは、企画・原作が秋元康氏、脚本を第35回向田邦子賞を受賞した矢島弘一が務めるオリジナル作品。教室に閉じ込められた女子高生21人。彼女たちが教室から出るためには、配信を観ている観客達から1万の「いいね!」をもらう必要があり、「いいね!」をもらうために生徒達は行動を起こしていく…という現代のSNS社会を象徴するようなストーリーとなっている。

◆けやき坂46が登場!全員でドラマ初出演


欅坂46が総出演するドラマとして話題を呼んでいるが、最終回にアンダーグループとなるけやき坂46(通称:ひらがなけやき)もメンバー12人全員揃って出演。けやき坂46が全員でドラマ出演するのは初。欅坂46が本作で演じているのと同じく、自分たちにどのような運命が訪れるかまだ知らない、女子高生達を演じる。

また平手友梨奈演じる出席番号17番・葉山ゆずきと、長濱ねる演じる謎めいた14番・永嶺みこの親友以上にもとれる二人の関係は果たして最終回でどうなるのか。

◆オフショット公開


さらに、現場でのオフショットが到着。最終回に出演するけやき坂46全員揃って、手で“ヒ”の文字を作るポーズや、最後までどうなるか分からない葉山ゆずき(平手)と永嶺みこ(長濱)の中学生時代回想のセーラー服での仲良しオフショットが公開となった。

最終回に向けて、けやき坂46のメンバーでもあり、欅坂46を兼任する長濱は「最終話でけやき坂46全員で出演させて頂けて本当にありがたいです」と喜び「誰も予想できないような結末になっています。最後までハラハラドキドキするドラマになってるのでお見逃しなく!」と呼びかけている。(modelpress編集部)

■最終回(第10話)あらすじ



職員室に閉じ込められた生徒達は再びタブレットからの一人5万「いいね!」獲得の指令にうなだれるも、出席番号17番・葉山ゆずき(平手友梨奈)は意外にも最初にクリアしてしまう。しかし、親友の14番・永嶺みこ(長濱ねる)や皆と離れ離れになる寂しさや怖さと、学校に閉じ込められていた数日間の出来事を思い出し、全員でここから出ることを決意する。生徒達は観客達に必死のアピールをするが、やがてタブレットに寄せられたコメントの内容に違和感を抱き始め、誰かが操作をしているのではと疑問に思う。全員での脱出と生還を信じて、生徒達は一斉に行動を起こし始めるが…

■長濱ねる コメント


最終話でけやき坂46全員で出演させて頂けて本当にありがたいです。誰も予想できないような結末になっています。最後までハラハラドキドキするドラマになってるのでお見逃しなく!ありがとうございました。

【Not Sponsored 記事】