12日、米紙ロサンゼルス・タイムズはこのほど、「台湾の総統はトランプ氏以上に不人気だ」とする記事を掲載した。資料写真。

写真拡大

2017年7月12日、米華字メディアの多維新聞によると、米紙ロサンゼルス・タイムズはこのほど、「台湾の総統はトランプ氏以上に不人気だ」とする記事を掲載した。

蔡英文(ツァイ・インウェン)総統は、正式な独立を宣言せず、北京に近づきもせず、中国との平和を保つことを約束し14カ月前に権力を握った。それはバランスを取ることが難しいプランであり、台湾の有権者はその結果に好印象を抱いていない。

蔡総統の6月の支持率は、前月の39%を下回る33%まで落ち込んだ。彼女は政治的に危険な領域に置かれている。この数字は米国の世論調査がトランプ大統領に示した歴史的な低支持率よりもさらに低い。

蔡総統は公約通り中国との平和を保ってきた。だが中国との関係は緊張しており、北京は台湾を弱体化させる措置を講じている。多くの台湾人は、蔡総統の政策を「不作為」とみなしている。

蔡政権に最大の打撃となったのは、中米のパナマが先月、台湾との断交を宣言したことだ。批評家たちはそれを蔡氏の外交政策の失敗と非難している。

台湾民意基金会の調査によると、蔡総統の両岸(中台)関係をめぐる見解や対応に回答者の58%が「不満」を表明した。回答者の60%が最終的な独立を求めている。

中国との対話を好む人は、蔡氏の前任者が促進した中国との紛争のリスクを最小限に抑え、貿易と投資関係を拡大できると信じている。(翻訳・編集/柳川)