浦和対ドルトムント戦のチケット完売! 2年ぶり日本凱旋の香川を超満員の観衆がお出迎え

写真拡大

全席種の完売を発表、当日券は販売されず

 Jリーグは12日、7月15日に埼玉スタジアムで行われる「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」浦和レッズ対ドルトムント戦のチケットが完売したことを発表した。

 現役時代にジェフユナイテッド市原(現・千葉)でもプレーした経験のあるペーター・ボス新監督が率いるドルトムントにとって、アジアツアー初戦となる浦和戦は超満員の観衆の中で行われることになった。Jリーグの発表によれば、試合3日前の段階で最も高い「View Box」30万円を筆頭に全席種のチケットが完売し、当日券は販売されないという。

 試合当日はスタジアムが浦和の赤に染まるのはもちろん、2年ぶりに日本のピッチに登場するドルトムントを応援する“黄色のサポーター”も、大挙して詰めかけることになった。6月7日の国際親善試合シリア戦で左肩を脱臼し、リハビリを続けていたMF香川真司がこの試合でプレーできるかは不透明だが、大きな注目を集める一戦となるのは間違いなさそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images