【LINE】“返信じらし”しちゃいけない相手って? 効果ナシ「残念な使い方」

写真拡大

よくテクニックの一つとして紹介される「じらし作戦」。相手への反応をわざと遅らせることを「じらす」というわけですが、主にLINEのやり取り上で使われるようです。

「あの子を絶対落としたい!」男が“本命女子”に送るLINEの特徴9

でもこれって、効果はあるのでしょうか?

検証していきたいと思います。

片思いでは、意味なし

自分が相手に片思いをしている時点では、LINEの返事をじらしても伝わりません。「忙しいのだな」と思われるだけ。

相手の好意がないといくらじらそうが、気にもなりません。彼があなたの返事の速度を気にするくらいまで、好きになっていないと意味がないのです。

あなたが興味のない男性の返事が遅くても気にならないのと一緒です。

他の行動と合わせて活きるテク

実はじらしテク、単独ではなく他の行動と組み合わせることで力を発揮します。

・会っているときは盛り上がるのに、あなたからの返信が遅い
⇒彼が「遅いなあ」と考え込み、「考え込んでしまうってことはもしかして……」と恋に気づく。

・あなたがヒマな時間のはずなのに、遅い
⇒「もしかしてあの子、デートしてるのでは?」と不安に。

・あなたが「好き」だと言っていたのに、返信が遅い
⇒「あれは嘘だったのかな」と不安に。

・恋人同士でお互いゾッコンなのに、彼女からの返事が遅い
⇒ゾッコンならすぐさま返事が来るのに。不安だ。またはミステリアスだ。

行動が一致していない、不均衡によって起きる心の動き。

それを感じさせ、揺さぶるのが「じらし」です。

“じらしテクニック”の間違った使い方

あなたが自分から「そうそう、そういえばさ〜」とLINEを送ります。

彼から「うん、なに?」と返事があります。

……何も反応しないあなた………

このように、メッセージをみずから送っておいてじらすのは間違い。ただの意味不明です。

相手からもらったときに、じらすのです。

好意のあるなしにかかわらず、友人の場合でもほとんどの人は、返事が来ないと

忙しい人めんどくさがり自分の優先順位は低い恋人がいるんだろうなあ

と考えます。

じらしは相手の好意が決定的になっているから成立するため、片思いのときや好意がわからないときはじらさず、大事なことは早く返信すること。

忙しいと思ってくれていても、相手はだんだんイライラしてくるからです。

あなたに好意をもっていないなら「イライラさせる人」として嫌われてしまう可能性あり。

行動をじらすのは?

告白されて保留にして……などの行動のじらしテクは大きなリスク。「じらしているな」と見抜かれ、浅はかな手口と思われてしまいます。

真面目な性格の相手なら、それで冷めてしまうかも。

よく使われるのが、付き合ってもなかなか身体を許さないじらしテク。

たしかに「大事にしてもらえる」効果はありますが、注意したいのが、じらしている期間。もったいぶって引き伸ばしすぎないようにします。

真剣交際なら、いいタイミングで許さないと契約違反。

また無言でじらしていないかどうか。「もう少し待ってね、大切なことだから」など、ひとこと告げたいところです。

無言でじらしていると、ただの拒絶と誤解されることも。

じらしはLINEで。くれぐれも好意がある場合だけ

面と向かった行動のじらしは腹黒く思われますので、LINEの返信タイミングだけ、くらいにしたほうがいいでしょう。

真摯な態度の相手、真面目に付き合おうとしている相手、正式に交際を申し込んできた相手にはじらしテクはしないように。真剣な相手には真剣な態度でということです。

そういった相手には「打てば響く」行動をしたほうがラブラブになれるでしょう。

必殺技?それとも……

以上を考えてみると、じらしは真剣な交際の場合は使えない小手先のテクニックなので、定番とは言えないでしょう。

また、お付き合いが順風満帆のときには不要。彼にいいかげんに扱われるなど、恋の雲行きが怪しくなってきたときや、彼に女の影があるように思えたときに実行すると、また心がこちらへ向きます。

どちらかと言えば、最後の切り札的なテクニックだと言えますね。