チェンバレンの退団迫る…契約延長の可能性は「事実上ゼロ」と英メディア

写真拡大

 アーセナルのイングランド代表MFアレックス・オックスレイド・チェンバレンが、同クラブからの退団に近づいているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が11日付で報じている。

 同メディアは、「チェンバレンがアーセナルとの新契約にサインする可能性は事実上ゼロである」と報道。同クラブとの契約が残り1年となっているチェンバレンに対してリヴァプール、マンチェスター・C、チェルシーからの関心が寄せられているとしたうえで、同選手が今夏に退団する可能性がますます高まっていると伝えた。

 現在、チェンバレンはプレシーズンに向けてチームに合流している。アーセナルは新契約締結に自信を持っていると伝えられていたものの、交渉は難航している模様。同メディアによれば、新たな話し合いの場を持つことも予定されていないという。

 チェンバレンは果たしてどのような決断を下すのだろうか。