【冷えシャリ】トマトを冷凍して食べたら美味だった!

写真拡大

冷たい食べ物がおいしい季節になりましたが、アイスやジュースばかりを摂っているのはちょっと心配…。もっとカラダによさそうなもので、ひんやりおいしい食べ物がないか探してみたところ、冷凍トマトがおいしいという情報を発見! 詳しくご紹介します。

凍ったトマトをそのまま食べるだけでもOK

冷凍トマトに関するネット上の声を調べてみると、凍ったままの状態で何も付けずにシャーベット感覚で食べる人もいれば、はちみつや砂糖などで甘味をプラスする人もいるようです。さらに、「凍らせたミニトマトは『アイスの実』(グリコ)のようでおいしい」という声も。冷凍トマトは暑い日のおやつにピッタリかも。

なぜ、冷凍トマトがおいしいかというと、トマトは冷凍することによって、旨味がアップするといわれている食材。人によっては、冷凍することで、トマトの味が濃くなると感じる場合もあるのだとか。

ちなみに、冷凍トマトの良さはそれだけではなく、皮がむきやすくなったり、1カ月程度の長期保存ができるといったメリットもあります。そんな冷凍トマトは、もちろん料理に使うことも可能。

冷凍トマトのひんやりそうめん

カチカチになった冷凍トマトをすりおろして、新食感のトマトを味わえます。

【材料】

・冷凍トマト…1個

・そうめん…1人前

・大葉…3枚程度

・みょうが…1個

・めんつゆ…適量

【作り方】

1)大葉とみょうがを千切りにする

2)そうめんを茹でる

3)冷凍トマトをすりおろす

4)器に2、3、1の順番で盛り付け、めんつゆをかけたら完成

すりおろした冷凍トマトは、時間が経つにつれて溶けてしまうため、手際よく作るのがポイントです。もっとボリュームいっぱいにしたい場合は、ハムやカニカマを加えたり、炒めたズッキーニやナス、パプリカをのせてもおいしくなります。

これからの時期は、夏バテで食欲がなくなってしまうこともあると思いますが、冷凍トマトのようなひんやり食材を上手に使って乗り切りましょう!

(文・山手チカコ/考務店)