東京の中国人留学生の宿舎・後楽寮が主催する勉強会「後楽講堂」は9日、中国外交学院の院長である秦亜青教授を迎え、日中友好会館で特別講演「中国の特色ある大国外交と習近平主席の外交思想」を行った。

写真拡大

東京の中国人留学生の宿舎・後楽寮が主催する勉強会「後楽講堂」は9日、中国外交学院の院長である秦亜青教授を迎え、日中友好会館で特別講演「中国の特色ある大国外交と習近平主席の外交思想」を行った。中国新聞網が伝えた。

在日本中国大使館の張社平・参事官、孫林・二等書記官、喬穎・二等書記官、日中友好会館の鄭祥林・中国代表理事、荒井克之理事長、留学生事業部の中国側の部長・夏瑛氏、後楽寮の寮生、東京周辺の大学の留学生など、約150人が出席した。秦教授は、中国の特色ある大国外交について簡単に説明し、留学生らの質問にも答えた。

夏氏は取材に対して、「後楽講堂」が開設された背景について説明し、「部長に就任して以降、後楽寮の留学生に有意義に余暇を過ごしてもらうために、学術サロンを復活させ、それを週1回の講座にした。また、後楽寮の寮生同士や寮生と外部の学術交流プラットフォームを構築することに力を入れており、在日本中国大使館や日中友好会館のサポートをずっと得ている。『後楽講堂』は現在、学術交流活動として各界から高く評価してもらっている」と語った。

日中友好会館が運営する「後楽寮」は、中日両国の政府が共同で管理し、中国人留学生を対象に、学習や研究に集中できる便利な寮を提供している。「後楽寮」は、日本で唯一にして最大の中国人留学生寮で、1985年から正式に中国人留学生の受け入れを始めた。現在、約200人の留学生がここで生活している。「後楽」という名前は、中国・北宋の文人である範仲淹の「天下の憂(うれい)に先(さき)んじて憂い、天下の楽 (たのしみ)に後(おく)れて楽しむ(周りの人が心配する前に心配し、周りの人が楽しんだ後に楽しむ)」という名句から取られている。 (提供/人民網日本語版・編集KN)