Rettyグルメニュース

写真拡大 (全12枚)

 

ライター紹介

みちか

東京で生まれ育ち、現在はロンドンの大学でグラフィックデザインを勉強中の大学生。暇な時は世界中を旅しながらカフェ巡りをしている。Twitter、Instagramともにフォロワー1万人超えのアメブロオフィシャルブロガー。カフェ巡り以外の趣味は語学。 ・Instagramはこちら ・Twitterはこちら

 

 

こんにちは、みちかです!今日は原宿で今大人気のロンドン発フォトジェニックスイーツ「コットンキャンディアイス」を紹介したいと思います!

原宿のとんちゃん通りにある「anywhere door」。とんちゃん通りからほんと少し曲がったところに現れる、ロゴもフォントも雰囲気もとってもオシャレで可愛いカフェです。(ただし椅子はないので、まだ体力の有り余っているショッピング前に行くのをオススメします)

店内へ入るとメニューと可愛い見本がお出迎えしてくれました!

そして、このお店もやはりインスタやLINEで追加すると割引になるようです。

(最近の新設カフェはこのサービスが多いので要チェックです!)

うーん、頼み方がよくわからないので店員さんに聞いてみました。

(いつも頼み方がよくわからない)

アメリカからやってきた「コーンショット」は、サイズ、コーンの種類、フローズンの味、そして追加でトッピングがしたい場合は、50円でソフトクリームやその他スプリンクルなどのトッピングが可能とのこと。

イギリスからやってきた「コットンキャンディアイス」は、トッピングを2種類選べる以外はソフトクリームの味やコットンキャンディの色は選べませんでした。(見本にあったピンクのソフトクリームが食べたかったのに…)

コーンは5種類、トッピングは8種類、フローズンは4種類ありました。

そんなこんなで迷いつつもコーンショット2つと、コットンキャンディアイスを1つ注文してみました。

最初に出て来たのはコーンショット。

チョコやマシュマロでデコレーションされたコーンに、フローズンが入れられて出て来ました。

これは絶対にソフトクリームをトッピングするべきでしたね。完成図が予想できなかったが故の失敗……。ソフトクリームさえ乗っていればかなりインスタ向けの可愛い写真が撮れたかと思います。みなさんは、ぜひソフトクリームトッピングしてください、たった50円でトッピング出来るので。

次に出て来たのは、みなさんお待ちかね!噂のコットンキャンディアイス!

白いポメラニアンみたいな、ビションフリーゼみたいな丸いコットンキャンディに可愛くポップコーンやドライラズベリーがトッピングされていました。

店員さんに早めに食べてくださいと言われたのですが、インスタのためにも写真を撮らずに食べるわけにはいかない!でも溶けては困る!と、必死に猛スピードで撮影!

室内の壁が全部真っ白だったので、ソフトクリームと綿あめがいまいち映えなくてコントラストを調節しつつ撮った1枚です。

背景が黒か、何かウォールアートでもあればもう少し可愛く撮れたのかな……このあと外で撮ってみたのですがすぐにトロトロと溶け始めてしまって、綿あめも萎んできてしまったので、コットンキャンディアイス撮影会はあえなく終了となりました。

お店の近くに可愛い背景を探しておいて、アイスを受け取った瞬間、すぐそこに向かって撮影するといいかもしれません。

そしてようやく実食。(連れて行った友達です。お口にアイスつけてます。)

食べ方のコツとしては、撮影終了後にさっさとソフトクリームから綿あめを取り外して食べてしまうといいでしょう。

その後でソフトクリームを食べると綺麗に食べ終わるのではないかと思います。一緒に食べようとすると…

こうなって

こうなりますよ……笑

ちなみに、ロンドンでは綿あめのことをコットンキャンディではなくてキャンディフロスというので「candy floss ice cream」と呼ばれていました!

ロンドンバージョンが気になる方はわたしのインスタをチェックしてみてください〜!

 

 

https://retty.me/area/PRE13/ARE23/SUB2301/100001320361/