【ソウル聯合ニュース】韓国前大統領の朴槿恵(パク・クネ)被告と親友の崔順実(チェ・スンシル)被告への贈賄罪などに問われているサムスングループの事実上のトップ、李在鎔(イ・ジェヨン)被告(サムスン電子副会長)に対する公判が12日、ソウル中央地裁であり、地裁は審理を8月2日に結審する予定だと伝えた。

 李被告の一審の勾留期限(8月27日)を踏まえると、李被告らサムスン関係者に対する判決は8月第3週に言い渡される可能性が高そうだ。
 地裁はこの日の公判で、サムスン側から乗馬のための馬などの提供を受けた崔被告の娘、チョン・ユラ氏を証人として出廷させた。今月19日に朴被告、26日に崔被告をそれぞれ出廷させ、証言させる予定にしている。
tnak51@yna.co.kr