画像提供:マイナビニュース

写真拡大

アクトインディが運営するおでかけ情報サイト『いこーよ』は7月12日、夏休みについてのアンケート調査結果を発表。アンケートは、2017年5月1日〜6月5日の期間、同社のサイト上で行い、子どもを持つ親743名から回答を得たもの。夏休み中に親が感じるストレスや、子どもに期待することなどを尋ねている。

はじめに、保育園児の親に子どもの夏休みに対して親のストレスが強まるかどうか聞いたところ、フルタイム勤務世帯では49%、パートタイム勤務世帯では42%、専業主婦(夫)世帯では72%が「ストレスが強まる」(大変強い、強い、やや強いの合計)と回答した。

また、保育園児の親に、子どもの夏休み期間でストレスに感じることは何かを質問した結果、フルタイム勤務世帯、パートタイム勤務世帯、専業主婦(夫)世帯ともに「普段より余分にお金がかかること」が最も多い結果となった(フルタイム33%、パートタイム33%、専業主婦(夫)52%)。

2番目に多かった回答は、フルタイム勤務世帯とパートタイム勤務世帯で「お昼ご飯を用意すること」(フルタイム29%、パートタイム31%)、専業主婦(夫)では「子どもがずっと家にいること」(48%)だった。

さらに未就学児の親に、夏休み期間中に子どもに期待することを尋ねると、「たくさん遊ぶ」(64%)が最も多く、次いで「規則正しい生活をする」(56%)、「普段できない体験・挑戦をする」(36%)、「自分でできることはなるべく自分でやる」(34%)、「体力をつける」(25%)と続いている。