多くの人が利用する銀行や信用金庫などのATM

※写真はイメージ

最近はコンビニにも設置されているため、いつでも簡単に現金を引き出すことができます。

しかし!!!

便利である一方、暗証番号やカード番号などの『カード情報』を盗まれてしまうといったスキミング被害も少なくありません。

ほとんどのATMには、防犯カメラが設置されているため、つい「安全だ」と思い込んでしまいますが、犯罪者側もあの手この手を使ってカード情報を盗もうとします。

中でも「こんな仕掛けをされたら、絶対にカード情報を盗まれてしまう」とネットで話題になった動画があります。

ぜひ、ご覧ください。

あまりにも精巧にできていて一見しただけでは分かりませんが、実は本物のATMの前面に、覆い被せるようにニセモノの装置が設置されているのです。

これに気付かずに、銀行のカードを挿入し、暗証番号を打ち込んでしまうとカード情報がすべて抜き取られてしまうという仕掛け。

気になる方は、もう一度じっくり動画をご覧ください。

このあまりにも大がかりな仕掛けに「ゾッとする」と多くのコメントが寄せられています。

これを見抜くのは難しい。しかし、よくこんなものが設置できたな。絶対にカード情報を盗まれちゃうよ。本当に怖い。背筋が凍る。犯罪者は本当にいろいろなことを考えるな。

ここまで大胆な犯行を見破ることは簡単ではありませんが、「もしかしたら」と疑うだけでも見えるものが違ってくるはず。

「銀行だから」と安心するのではなく、「銀行だけど」と自分の身は自分で守る意識をしっかり持つことが大切なのかもしれませんね。

[文・構成/grape編集部]