学生の窓口編集部

写真拡大

新聞記者は、取材を行い新聞の記事を執筆する仕事です。正しい情報を伝えるためにあちこちを取材する行動力と、得た情報を文字にして伝えるための豊富な知識と表現力、また経験も必要とされる大変な仕事です。そんな新聞記者ですが、どうすればなることができるのでしょうか。今回は、「新聞記者になるには」についてまとめてみました。

■新聞記者の仕事内容はどんなの?

【性格診断テストまとめ】自分の隠された一面が丸わかり?!

新聞記者の仕事についておさらいしてみましょう。冒頭で「新聞記者は新聞の記事を執筆する仕事」と説明しましたが、記事の執筆だけでなく、執筆材料となる「取材」も記者の大事な仕事。情報を正確に伝える文章力があっても、その基となる取材をしっかり行わなければ本末転倒です。正しい情報であることを確認するために、時間をかけてじっくりと取材を行います。

新聞は政治欄、社会欄、経済欄、文化欄、スポーツ欄など、分野別に構成されていますが、部署も同じように政治部、社会部、経済部、文化部、運動部といった形で分かれています。そのため、配属先次第で自分がどんな記事を書くことになるかが異なります。それにより、どういった対象に、どんな取材をするかも異なるのです。

■新聞記者になるには、まずは新聞社への入社を目指そう!

新聞記者になるために必要な資格はありません。新聞社に入社し、記者として活動することが許可されれば、誰でも新聞記者になることが可能です。

新聞社に入るには、新卒で入社する、または中途採用で入社するといった2つのパターンがあります。基本的には一般企業に入社するのと同じようなプロセスです。新卒採用の場合は、やはり「大卒」であることが条件であることがほとんど。ですので、将来新聞記者になりたいのなら、大学入学をまずは目指すようにしましょう。

中途採用の場合は、やはり記者、または編集者経験のある人を求めることが多く、未経験者はまず採用されません。もし未経験でマスコミの世界に飛び込みたいのなら、「未経験可」の新聞記者募集を探し、応募する必要があります。または編集プロダクションでライター、編集の経験を積み、新聞社への転職を目指すのも一つのパターンです。

■就職後のフローはどうなっているの?

次は新聞記者として採用された後のフローです。全国紙と呼ばれる大手新聞社で新卒採用された場合、そのまま本社勤務ということはなく、地方の支局に所属しそこで原稿の執筆や取材の手順、また紙面の編集についてなど、新聞記者としてのノウハウを学ぶことになります。いわば「研修」のようなものですね。

その後、支局で本格的に新聞記者となるのが一般的なパターンです。能力によって、記者ではない別部署に異動するということもあり得ます。また、本社勤務については、支局での働きぶり次第でもあるので、誰もが希望どおり本社勤務になるというものではありません。また、海外の支局で仕事をする可能性もあります。

■新聞記者の収入は?

新聞社などに所属している「記者」の収入ですが、実は厚生労働省の「平成28年賃金構造基本統計調査」に平均給与額が公開されています。この平均給与額を参考に、年収を計算してみました。

※平均年収は「きまって支給する現金給与額」を12倍し、そこに「年間賞与その他特別給与額」を加え計算

●企業規模10-99人の場合
平均年齢:41.5歳
平均勤続年数:10.5年
平均年収:464万3,300円

●企業規模100-999人の場合
平均年齢:37.9歳
平均勤続年数:13.5年
平均年収:665万8,100円

●企業規模1,000人以上の場合
平均年齢:40.0歳
平均勤続年数:15.0年
平均年収:930万8,300円

新聞記者になるにはどうすればいいかを解説しました。新聞記者の年収は会社規模で平均が異なりますが、「1,000人以上」の企業が最も高く、約930万円。これは平均ですから、1,000万円以上の人も多くいるでしょう。新聞記者という仕事は激務といわれていますが、そのハードさに見合う収入なのかもしれませんね。

厚生労働省「平成28年賃金構造基本統計調査」
⇒http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020103.do?_toGL08020103_&tclassID=000001062209&cycleCode=0&requestSender=estat

(中田ボンベ@dcp)