男性を魅了して止まないおっぱい。形は人それぞれだとは思うが、イラストで描かれる際、デフォルメして表現されるせいか「現実と違う」という指摘も。

 現在Twitter上では、おっぱいを描く際に参考になりそうなイラストが話題だ。

 巨乳を3パターンで描き分け、それぞれのポイントがまとめられている。詳細は以下の通りだ。

 1)グラビアを参考に描いた乳…片方に寄せられたラインができ、もう片方は少したるみが見える程度。リアリティはあるものの、物足りなく思う人が多いかも。塗り方次第では最もエロくなるかも?

 2)エロ絵を参考に描いた乳…大きくて柔らかそうで、重そう。ビキニやパッドの有無が考慮されず、生の感触を伝えようとしている。谷間が鎖骨のあたりまであることも。

 3)夢の詰まってる乳…おっぱいは丸い! 大きい! そんな気持ちで描かれた乳。ハリがとてもよく、弾みそう。リアリティはあまりないが、好きな人は多い。

 どれもFカップを想定しているそうだが、ここまで印象が変わるのはおもしろい。

 考察は巨乳だけにとどまらず、貧乳編も続けて投稿している。

 1)THE貧乳…ゆるやかでわずかなふくらみは、線ではなく少し影を落とすことで表現。欲張って谷間の線を描くと、胸筋に見えがち。

 2)ひかえめ微乳…谷間がなかなかできないので線はほとんど描かず、影で丸みのラインを演出。ハリがよく発展途上。若さを感じる。

 3)欲の出た貧乳…貧乳を描く気持ちと乳房や谷間を描きたい気持ちがぶつかりあった乳。この程度のふくらみなら、寄せればしっかりと谷間になる。

 これらを描くポイントとして、若さのある貧乳は「ふくらみ」より「ハリ」と捉えると、それらしくなると説明している。

 Twitterユーザーからは、巨乳編も貧乳編も、それぞれに夢が詰まっているという意見が寄せられた。

 どんなおっぱいであれ、それぞれに男性の夢やロマンがある。いろんなおっぱいが共に手を取り合い、仲良く共存していく世の中になってほしい。そう願うばかりだ。

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら