Image: KPG_Payless / Shutterstock.com
日本でおなじみのアマガエル


かわいい顔して恐竜よりタフ?

6600万年前、地球に小惑星が体当たりしてきました。衝突時に放出されたちりが地球をぐるりと覆って太陽光をさえぎり、暗くて寒い気候が10年も続いたそうです。さらに追い打ちをかけるように、隕石の衝撃を受けて世界中の火山が爆発し、大気中に有毒なガスをまき散らしました。この隕石と火山噴火がトドメとなり、恐竜や大型爬虫類は滅んだと考えられています。

そんなすさまじい天変地異のさなかにも、か細く、しかし絶えることなく響いていたのは「カエルのうた」でした。


1 カエルは白亜紀最強のサバイバリスト? 隕石も地殻変動もケロリ
Image: Dr Morley Read / Shutterstock.com
アマゾンの森にすむアマガエル


哺乳類とともに暗い時代を生き延び、恐竜がいないのをいいことに爆発的な繁栄をとげたスゴイ生物、それがカエルなんだと最新の研究が明らかにしました。

アマガエルも隕石の衝撃に耐えたとされる種のひとつです。あんなにか弱いイメージのアマガエルがどうやって? と思いますが、じつはものすごくタフな生き物なんですね。カリフォルニア大学バークレー校教授で爬虫類学者のデイヴィッド・ウェイク(David Wake)博士によると、カエルは「サバイバルのプロ」で、ピンチの時には長いあいだ地中にもぐって冬眠していられます。たとえば日本のアマガエルもまったく飲み食いせずに3か月ほど冬眠をするので、春に覚めると体がペッタンコ。それでも、ちゃんと生きています。

ウェイク博士たちの研究によると、カエルの歴史は2億年前にさかのぼるそうです。爆発的に増えた時期があったことはいままでの研究でも明らかにされていましたが、それは隕石が衝突する3500万年前だとされていました。

ウェイク博士は「(カエルが爆発的に増えた)いままでの推定時期は、腑に落ちないものがあった」とNPRのインタビューに対して答えています。「なぜなら、進化は一般的に環境の変化によりもたらされるはずだが、この頃の地球の環境は安定していたから」です。従来の研究ではミトコンドリアのDNAの進化をたどって系統を調べていましたが、ウェイク博士はこの手法では誤差が出ることも指摘しています。

そこで、今回の研究では細胞核のDNA情報をもとにカエルの進化の過程を追ったところ、ドンピシャで6600万年前という結果が出たそうです。

米国科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences)に発表された論文によると、現存しているカエル約6775種のうち約88%が、隕石が地球に衝突した後に生き残ったアマガエル上科(Hyloidea)、ヒメアマガエル科(Microhylidae)とアカガエル上科(Natatanura)の3種類から進化しているそうですから、いかに恐竜亡き後にカエルが爆発的に増えたかを物語っていますね。

ほかにも6600万年前の激動の時代を生き延びたカエルはいるそうなんですが、この3種類のサバイバリストたちがほかのカエルよりもすぐれていた点はその適応力の速さだったのです。隕石のちりが徐々に晴れ、地球上に太陽光がふたたび降りそそぐようになった時、まずその恩恵を受けたのは植物たちでした。種子植物や、花を咲かせる被子植物が地球を緑で埋めつくしはじめると、いままで地表で生活していた古代のカエルたちは生態を著しく変化させ、木を登り始めたそうです。それまで、木の上で暮らすカエルは皆無でしたが、カエルたちが「新しいライフスタイルを試した」ことで、新しい世界への適応力を飛躍的に高めていったのではないかと、ウェイク博士は話しています。

アマガエル上科、ヒメアマガエル科、アカガエル上科の3種類の多くは、やがて木の上で産卵するようになり、オタマジャクシ時代をすっとばして最初からカエルの姿で生まれてくるようになったそうです。現存する6775種のカエルの約半分が、今でもそのような繁殖スタイルを持っているそうですから、新しいことにチャレンジして結果的には大正解だったんですね。


2 カエルは白亜紀最強のサバイバリスト? 隕石も地殻変動もケロリ
Photo: 山田ちとら
我が家のアマガエルさん


自然は厳しいけど、厳しいって文句いってるヒマがあったら(ゲロゲロゲロゲロ)まず自分が変わりなさいよ(グワッグワッグワッ)!! …なんて、カエルさんからのメッセージが聞こえてきそうな、そんな夏の夜です。 


Image & Photo : KPG_Payless / Shutterstock, Dr Morley Read / Shutterstock, 山田ちとら
Source: PNAS Journal, NPR, BBC News

(山田ちとら)