発表資料

Facebookは11日(米国時間)、メッセージアプリMessengerで広告表示機能が利用可能になると発表した。全ての国と地域で順次利用可能になる。これまで、同社はオーストラリアとタイでベータテストを実施していたが、反応・結果が良好だったために、全世界への拡大を決めた。

 

同社によると、毎月12億人が利用する日常的なコミュニケーションの場であるMessengerは、キャンペーンのリーチを拡げる強力な武器となり、より多くのビジネス機会を提供するという。

 

広告はMessengerモバイルアプリのホームタブに表示される。発表資料ではグループ名と現在オンライン中のユーザーを表示する間に広告が差し込まれていた。

ユーザーが広告をタップするとウェブサイトやMessengerスレッドなど、広告主が指定したサービスへ移動する。Messengerでユーザーが最も利用するトーク画面には広告は出稿されない模様で、円滑なコミュニケーションが阻害される心配はなさそうだ。

 

発表資料

URL:https://www.facebook.com/business/news/messenger-ads-are-going-global

2017/07/12