画像:YouTube

iPhone 8はiOSのアップデートが配信されるまで、2つの新機能が使えない状態で発売される、とする消息筋の話を『Fast Company』が報じています。

新機能その1:ワイヤレス充電

iPhone 8には、専用スタンドやマットの上にiPhoneを置くことで充電できる、電磁誘導方式のワイヤレス充電が採用されます。これは『Qi』と同じ方式ですが、Qiそのものを採用するのかは分かっていません。

部品に問題はなく、ワイヤレス充電を制御するソフトウェア(iOS)に問題があるそうです。そのため、iPhone 8はワイヤレス充電を無効化した状態で発売されます。

同様の情報はすでに報じられています。後日配信される、iOS 11.1にアップデートすることでワイヤレス充電が使えるようになるそうです。
→ iPhone 8のワイヤレス充電器は別売り、iOS 11.1で対応か

新機能その2:3Dセンシング

3Dセンサーを使った空間・物体の認識は、顔認証を導入するうえで重要な機能の1つになると考えられますが、調整はうまく進んでいないようです。

Fast Companyが話を聞いた消息筋によれば、3Dセンサーの部品に問題はありません。ワイヤレス充電と同じく、ソフトウェアの調整が完了していません。

消息筋によれば、おそらく発売には間に合うはずだが、もし間に合わなければ3Dセンサーは無効化された状態で出荷され、後日配信のアップデートで利用可能になるそうです。

Touch IDは廃止? 引き続き搭載?

Fast Companyの記事では、AppleがTouch IDを突然廃止することはありえない、としています。3Dセンサーに関しても、Touch IDを置き換えるための顔認証に必要、とは報じていません。

消息筋によれば、Touch IDの採用がまだ決まっていないというニュースは信頼できるもので、最終的には画面内蔵型のTouch IDを採用するようです。

しかし、この仕様もまだ確定したものではなく、晩夏になるまで変更される可能性が残っている、とも指摘しています。

参考

Source: A “Sense Of Panic” At Apple As The Next Flagship iPhone’s Software Problems Persist - Fast Company