河北麻友子(C)モデルプレス

写真拡大

【河北麻友子/モデルプレス=7月12日】モデルで女優の河北麻友子が12日、都内で開催されたイベントに出演した。

【さらに写真を見る】ショーパンでほっそり美脚を披露した河北麻友子 イベントの模様

ショートパンツから美脚を覗かせて登壇した河北は、イベント内容にちなんで、アルバイトスタッフたちを応援するという“アルバイト”に挑むことになった。河北は、11歳の時に「第9回全日本国民的美少女コンテスト」にてグランプリを受賞し芸能の仕事を始めたため、これまでにアルバイトをした経験がないという。

イベントでは、ネイティブの英語力を生かして、英語でスタッフたちを応援した。「楽しかったです」と笑顔を弾けさせた後、「一瞬でしたけど」と付け加えて笑いを誘った。アルバイトは「してみたいです」といい、「スーパーのレジにすごく憧れています。ピッとやりたいです」とにっこり。

◆海の家の思い出は「焼きそば」


そんな河北は、「海の家に行くために海に行くくらい海の家が好きです」と明かした。「焼きそばだったり、かき氷だったりを食べます。昔ながらの海の家が大好きでした」。海の家の思い出を尋ねられると「焼きそば」と即答。海の家でアルバイトをするとしたら何をやりたいかが話題にあがると、「焼きそばを作りたいです。今までは食べてきた側なのですが作ったりもしたいです。『いらっしゃいませ!』みたいなこともしたいです。『何がいいですか?』みたいな接客系も」とノリノリの様子。

◆恋愛解禁後のデートは?


ただ、「デートで海の家に行ったことは?」と質問されると、「ないです。もちろん」とコメントし、「憧れはします」と乙女心をのぞかせた。25歳を迎えて“恋愛解禁”となっているものの「大人がいっぱいいますからね。事情がありますね」と苦笑い。

この夏にやりたいことの話題では、「海の家も行きたいですし、夏祭りとか、花火とか、夏っぽいことがしたいです。浴衣を着たいです」と願望を膨らませた。「デートは?」と突っ込まれると、「しません!」と声を弾ませて、笑いを誘った。

イベントには、俳優の松重豊も出席した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】