画像提供:マイナビニュース

写真拡大

カシオ計算機は7月12日、電卓製品の新モデルとして、余りのある割り算を1キーで計算可能な「余り計算電卓 MP-12R」を発表した。7月21日から発売し、価格はオープン、推定市場価格は1,700円前後(税別)の見込み。

右上に配置された「÷余り」キーが特徴で、計算式を入力して「÷余り」キーを押すと、割り算の答えと余りを同時に表示。主に、調剤薬局や物流倉庫といった、余りのある割り算を日常的に行う現場を想定している。通常の電卓で余りを求めるよりも計算回数を減らせるため、計算業務の効率化に役立つとしている。

また、整数の余り計算だけでなく小数の余り計算や、日数・時間の計算機能も搭載(調剤薬局における次回処方日の計算などに利用)。そのほか主な仕様は以下の通り。

液晶表示 : 負記号(-)、エラー(E)、計算状態表示、3桁位取り表示、定数(K) 、メモリー(M) 税計算表示(税込,税抜)、日数計算表示、時間計算表示、電池交換状態表示

計算機能 : 加減乗除計算、余りのある割算の計算、税計算、パーセント計算、定数計算、概数計算、日数計算、時間計算

計算桁数 : 置数12桁、和差積商メモリー12桁

メモリー : 独立メモリー1組、税率用メモリー1組

電源 : TWO WAY POWER 太陽電池(内蔵)、リチウム電池(CR2032×1個)

電池寿命 : CR2032 約7年(1日1時間使用時)

オートパワーオフ : 約6分で自動電源OFF

大きさ : 幅103×奥行き147×高さ28.8mm

質量 : 115g(電池込み)