多くの人に惜しまれつつ、2017年1月に米大統領の役職を退任したオバマ氏。

米アンカレジ国際空港にて撮影されたある1枚の写真が、SNS上で話題になっています。

オバマ氏のふるまいに慕う声、続出

「心がほっこりする」と噂の写真がこちら。

CNNによると、オバマ氏はアジア訪問からの帰りに、空港でプライベート機への搭乗を待っていたのだそう。

そこで偶然出会った、生後6か月のジゼル・ジャッキンスキーちゃんを見て、こんな風に声をかけてきたといいます。

「おや、そこにいるキュートな子は誰かな?」

歩み寄り、ジゼルちゃんを抱き上げたオバマ氏。

お母さんであるジョリーンさんは「自ら声をかけてくれるなんて」と、信じられない気持ちでいっぱいだったそうです。

さらにオバマ氏は、ジゼルちゃんのお父さんに対し「可愛すぎて、あなたの愛娘を連れて帰るところだったよ」と、嬉しいジョークまで飛ばしたといいます。

微笑ましいやり取りに、多くのコメントが寄せられました。

赤ちゃんは、出会った瞬間に『いい人』かどうか見極めるもの。これはその例の1つね。赤ちゃんの表情も「うわぁ、オバマ前大統領だ!」って驚いているように見えるな。こんなに心が美しく、知的な人はなかなかいない。そんなオバマ前大統領が大好きだよ。

就任時から『子ども好き』であるといわれていたオバマ氏の、優しい一面がうかがえる今回の出来事。

彼が愛される理由は、どんな相手にも垣根を作らないフレンドリーな姿勢にあるのかもしれません。

[文・構成/grape編集部]