「ポルト」ポスター画像 (C)2016 Bando a Parte - Double Play Films - Gladys Glover - Madants

写真拡大

 「スター・トレック」シリーズのチェコフ役などで知られ、2016年に27歳で死去した俳優アントン・イェルチンさんが主演し、鬼才ジム・ジャームッシュが監督総指揮を務めたラブストーリー「ポルト」が、9月30日に公開されることが決定した。あわせて、恋する2人が見つめ合う姿を収めたポスター画像と、WEB限定スペシャルロングバージョン予告がお披露目された。

 映画は、ポルトガル第2の都市ポルトを舞台に、孤独な男女の情熱的な出会いを描いた。放とうを続ける26歳のアメリカ人男性・ジェイクと、恋人を追って留学してきた32歳のフランス人女性・マティは、過去に束の間の肉体関係を結んだ間柄。それぞれポルトで“よそ者”として暮らしていたある日、2人は考古学調査の現場で互いの存在に気が付く。その後カフェで再会し、一夜の気楽な関係を結ぶことに。しかし、その夜のできごとが、2人の人生を大きく変えていく。

 ジェイク役をイェルチンさん、マティ役を今作で始めて英語での演技に挑戦した仏女優ルシー・ルカースが演じた。メガホンをとったのは、リチャード・リンクレイター監督を追ったドキュメンタリー映画「Double Play: James Benning and Richard Linklater(原題)」(2013年・日本未公開)でベネチア国際映画祭最優秀ドキュメンタリー映画賞を受賞したゲイブ・クリンガー監督。今作で長編劇映画監督デビューを飾った。

 このほど公開された映像は、約2分30秒のシーンをワンカットで撮り切った、ジェイクとマティがカフェで再会する場面を収めたもの。緊張した様子のジェイクが硬い表情で歩み寄ると、マティは余裕の笑みで自ら話しかけ、「私とよそへ行かない?」と誘惑。ジェイクは終始積極的なマティに圧倒されながらも顔をほころばせる。ジョン・リー・フッカーの「Shake it baby」の軽快なリズムが、2人が繰り広げる大人の恋を予感させるシーンとなっている。

 「ポルト」は、9月30日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。