高知県の尾正直知事(右)、新竹県の邱鏡淳県長(左)

写真拡大

(台北 12日 中央社)高知県の尾正直知事は11日、台北市内で記者会見に出席し、高知市で来月開かれる第26回全国高校漫画選手権大会(まんが甲子園)本選の招待状を北部・新竹県の高校に授与した。

まんが選手権は、漫画を文化資源としてPRするのを目的に、高知県が実施するイベント。今年は日本の国内外の307校から応募があり、そのうち33校が本選に進出する。本選出場校のうち、3校は海外の高校。台湾からは新竹県義民高級中学(高校)が選ばれた。

招待状は新竹県の邱鏡淳県長、義民高校の潘鵬仁董事長(会長)、頼文政校長、生徒代表が共同で受け取った。

新竹県政府は、県内を走るローカル線、台湾鉄路管理局(台鉄)内湾線を漫画で盛り上げ、「台湾漫画夢工場」として海外にPRする計画を進めている。邱県長は、台湾でのまんが甲子園開催に意欲を見せた。

まんが甲子園本選は8月5、6日に開催される。

(汪淑芬/編集:名切千絵)