【速報】ウィンブルドン第9日

写真拡大

 今月3日(月)からイギリス・ロンドンで開催されているテニスの4大大会であるグランドスラムで唯一グラスコートを舞台とする「ウィンブルドン」(本戦7月3日〜16日/グラスコート)。

[Draw]ウィンブルドン 男子シングルス

[Draw]ウィンブルドン 女子シングルス

  女子シングルスのベスト4に男子シングルスのベスト8が出揃った大会8日目。準々決勝の4試合が行われた女子は、地元期待の第6シードのジョハナ・コンタ(イギリス)が第2シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)をフルセットの末に逆転勝利し、初の準決勝進出を決めた。また、第10シードのビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)は第13シードのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)に、第14シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)は第7シードのスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)にいずれもストレートで勝利。2回戦で第3シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)を撃破するなど快進撃を続けるマグダレナ・リバリコバ(スロバキア)も第24シードのココ・バンダウェイをストレートで下し、ノーシードで唯一準決勝に駒を進めた。

 一方、4回戦の順延分1試合が行われた男子は、第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)がノーシードのアドリアン・マナリノ(フランス)にストレートで勝利。第1シードのアンディ・マレー(イギリス)、第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)、第6シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)、第11シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)、第16シードのジル・ミュラー(ルクセンブルク)、第24シードのサム・クエリー(アメリカ)に続きベスト8入りを果たした。

 大会9日目の12日は男子の準々決勝が行われ、史上最多の8度目の大会制覇を目指すフェデラーは昨年の準決勝で敗れたラオニッチと、大会連覇を狙うマレーはグランドスラム初のベスト4を目指すクエリーと、2年振り4度目の優勝を目論むジョコビッチは2年連続のベスト4入りが懸かるベルディヒと、4年連続のベスト8入りを果たしたチリッチは4回戦で第4シードのラファエル・ナダル(スペイン)を倒したミュラーとそれぞれ対戦する。

尚、本サイトではウィンブルドンの試合を厳選して、連日テキスト速報でお送りします。是非お楽しみください。

■7/12の速報対象試合(予定)

※変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

男子シングルス準々決勝<センターコート:第1試合>

21:00:アンディ・マレー(イギリス)[1]VS.サム・クエリー(アメリカ)[24]

男子シングルス準々決勝<コート1:第1試合>

21:00:ジル・ミュラー(ルクセンブルク)[16]VS.マリン・チリッチ(クロアチア)[7]

男子シングルス準々決勝<センターコート:第2試合>

24:00頃:ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)[6]VS.ロジャー・フェデラー(スイス)[3]]

男子シングルス準々決勝<コート1:第2試合>

24:00頃:トマーシュ・ベルディヒ(チェコ)[11]VS.ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[2]

(テニスデイリー/ナノ・アソシエーション)

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)の男子シングルス4回戦でブノワ・ペールを破ったディフェンディング・チャンピオンで第1シードのアンディ・マレー
Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 10: Andy Murray of Great Britain celebrates victory after the Gentlemen's Singles fourth round match against Benoit Paire of France on day seven of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 10, 2017 in London, England. (Photo by Julian Finney/Getty Images)