Photo by cinemacafe.net

写真拡大

今月末29日(土)に公開が迫る、窪田正孝主演映画『東京喰種 トーキョーグール』。このほど永近英良“ヒデ”役として出演する「超特急」カイこと小笠原海が、本作を引っさげシネマカフェ編集部に訪問した。
人の姿をしながらも人を喰らう怪人、“喰種(グール)”。水とコーヒー以外で摂取できるのは“人体”のみという正体不明の怪物たちが、人間と同じように暮らしている街、東京。半喰種となった金木研(カネキ)は、喰種たちが集う喫茶店「あんていく」で働きはじめ、喰種を駆逐しようとする人間側の捜査官・CCGとの熾烈な戦いに巻き込まれていく――。

世界累計発行部数3,000万部突破を誇る石田スイの超人気コミックから、アニメ化、舞台化、ゲーム化を経て、待望の実写映画化となった本作。カネキ役に窪田さん、トーカ役に清水富美加をはじめ、蒼井優、大泉洋、「劇団EXILE」鈴木伸之など、豪華キャストが集結し、原作ファンも映画ファンも期待が高まる仕上がりになっている。

このほど編集部を訪問した小笠原さんは、俳優業にも活躍を見せる「超特急」のメンバーのひとり。本作ではカネキの幼なじみで、同じ大学に通うカネキの唯一の友人・ヒデを演じている。小笠原さんは編集部に到着すると、「(『東京喰種』の)チラシ、貰ってくださーい!」と両手を挙げ元気よく作品をアピール! 社内で「超特急」のことが話題に上がると「知ってくださっているんですか!?」と、こちらでも神対応を披露。小笠原さんは終始笑顔で、社員ひとりひとりにチラシを配り歩いてくれた。

最後に、シネマカフェの読者に向けて小笠原さんからのコメントも到着!

小笠原海/『東京喰種 トーキョーグール』編集部訪問
読者へのメッセージ「この映画はグールと人間という違った種族にスポットライトを当てることで人間らしさとは何かというものを改めて問いかける作品となっています。ぜひ劇場に足を運んでいただいて、この映画を通して僕たちからのメッセージを受け取っていただけたら嬉しいなと思います」。

小笠原さんは今回の編集部訪問でオフィスを回ってみて「緊張しました。でもみなさんが温かく迎えてくださったのですごく良かったです」と訪問を終えて少しほっとしたような様子だった。小笠原さんも出演する本作を、是非劇場でチェックして。

『東京喰種 トーキョーグール』は7月29日(土)より全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)

■関連作品:
東京喰種 トーキョーグール 2017年夏、全国にて公開
(C) 2017「東京喰種」製作委員会

■関連記事:
超特急・カイ、“喰種”窪田正孝の親友役に抜擢!「何があっても味方でありたい」
【予告編】『東京喰種』野田洋次郎“illion”の主題歌解禁!
『東京喰種』窪田正孝&清水富美加、“赫子”発動ビジュアル公開!
超特急、CDデビュー記念日にヒストリー本発売決定! ロングインタビューも
窪田正孝、『東京喰種』劇中衣裳でLAプレミア登場! コスプレファンに「どうか人だけは食べないで」