LINE、1万円で買えるAIスピーカー「Wave」先行版を7月14日から予約受付
人工知能(AI)搭載のスマートスピーカー「Wave」。LINEはこの先行体験版の予約受付を7月14日に開始します。価格は1万円(税別、以下同)で今夏発売予定。



Waveは、メッセージアプリのLINEが手がける初の独自ハードウェアです。独自のクラウドAIプラットフォーム「Clova」(クローバ)を搭載。いわゆるスマートスピーカーに分類される製品で、声だけで家電を操作したり、最新ニュースを入手したり、LINEメッセージにも返信可能。さらに、高性能なスピーカーを搭載し、ユーザーはLINE MUSICの約4000万曲が聴き放題となります。

製品版は2017年秋に1万5000円で発売予定。今回予約受付する先行体験版は、製品版に比べて機能を絞ったプレモデルとの位置づけです。そのぶん価格も1万円に抑えていますが、秋の製品版発売後は、ソフトウェアアップデートで製品版と同等機能にアップグレードされる予定です。

製品の詳細はこちらの記事をご覧ください
LINEのAIスピーカー「Wave」1万5000円で秋発売。声で家電操作・LINE返信も