12日、20カ国・地域(G20)首脳会議と独韓首脳会談に参加するためドイツ・ベルリンを訪れた韓国代表団が2G携帯電話を使用していたことが分かり、韓国のネットユーザーの間で話題となっている。写真はベルリン。

写真拡大

2017年7月12日、20カ国・地域(G20)首脳会議と独韓首脳会談に参加するためドイツ・ベルリンを訪れた韓国代表団が2G携帯電話を使用していたことが分かり、韓国のネットユーザーの間で話題となっている。

韓国・KBSによると、大統領府や外交部の関係者らで構成された韓国代表団は今月5日、G20首脳会議と独韓首脳会談のためドイツ・ベルリンに到着した。ドイツにある韓国大使館は代表団がドイツ内で円滑に業務を進められるよう1人に1台の携帯電話を支給したが、携帯電話を受け取った代表団は驚きを隠せなかったという。その理由は韓国でもほとんど見かけなくなった2G携帯電話だったためだ。

代表団関係者は「ドイツにいる間中、2G携帯電話は“厄介者”だった」と明らかにした。G20という重要な外交の舞台で“世界的なIT強国”である韓国の代表団が2G携帯電話を使用しているとの事実が恥ずかしく、携帯電話を使用するたびに他の国の代表団の目につかないよう神経をとがらせていたという。

さらに、代表団は2G携帯電話の内部にも衝撃を受けた。携帯電話の中には朴槿恵(パク・クネ)前政権の高官らの名前と電話番号がそのまま残っていたためだ。3年前の朴前大統領のドイツ訪問時に使用された2G携帯電話が、電話番号すら削除されないまま文在寅(ムン・ジェイン)政府の初の多国間外交の舞台であるG20で使用されたということになる。ある大統領府秘書官はこの事実に腹を立て、ドイツにある韓国大使館に抗議までしたという。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「韓国大使館の職員全員に懲戒処分を下してほしい」「国民に恥をかかせたいの?」「ドイツ大使は韓国の大統領がまだ朴槿恵だと思っているのか?朴槿恵政府時代の痕跡は全て消すべき。そんな人に給料をもらう資格はない」などドイツの韓国大使館に対する批判的なコメントが寄せられている。

また、「僕たちの税金はどこに消えているのだろう?」「何か理由があるとは思うけどやっぱり恥ずかしい」「李明博(イ・ミョンバク元大統領)と朴槿恵の9年で国が台無しになった」などと嘆く声も。一方で「保安のために2G携帯電話を使用させたのでは?」「盗聴防止だよ」などと反論する声も数多くみられた。

そのほか、「2G携帯電話を使ったら国の格が下がるという発想がおかしい」「外交部の人たちはどうせまともに働かない。2G携帯で十分だよ」と指摘する声や、「韓国の最新の携帯電話に保安対策をして支給することはできなかったの?」「2G携帯も盗聴される可能性はある。古い携帯を支給したのは、ただ面倒くさかったからでしょ?」と主張する声などが寄せられている。(翻訳・編集/堂本)