俳優の窪田正孝(28)が主演を務める7月18日スタートのカンテレ・フジテレビ系ドラマ『僕たちがやりました』(通称:僕やり、毎週日曜よる9時〜※初回15分拡大放送)の公式ブログが11日に更新。トビオ(窪田)の幼なじみ・蓮子を演じる女優の永野芽郁(17)のクランクイン撮影シーンを公開した。

 同ドラマは、『週刊ヤングマガジン』で連載されていた原作・金城宗幸氏、作画・荒木光氏の同名漫画を実写化。窪田ら演じるイマドキの高校生のちょっとしたイタズラ心が爆破事件となり、現実に向き合えない若者たちの青春逃亡サスペンスとなっている。

  「撮影日記〜クリティカルヒット編〜」 と題して更新された公式ブログは、「今日はちょっと撮影を振り返ってみます」と前置きをすると、永野のクランクインシーンが、予告やPR動画でも使われているトピオ(窪田)の背中に蓮子(永野)がとび蹴りをしたあと「クリティカルヒット」と言うシーンだったこと明かした。

 とび蹴りシーンは、窪田の歩くスピードと飛び上がるタイミングがなかなか合わず苦戦したものの、トランポリンを使い何度も何度も挑戦し、見事に成功させたという。

 その諦めずに頑張る姿に「見ているスタッフにもよい刺激になります さすがは朝ドラヒロイン・永野さん」と称賛し、とび蹴りが成功した瞬間の笑顔ショットも公開した。

 ファンから「永野芽郁ちゃんの女優魂を感じます。」「芽郁ちゃんすごいっ!!」「芽郁ちゃんのひたむきな努力が隠されていたんですね」「ドラマ楽しみです」「芽郁ちゃんの飛び蹴りがかわいすぎて、私にとってクリティカルヒット」「かわいすぎて、何度も見ましたw」とコメントも寄せられている。


※画像は全て『僕たちがやりました』公式ブログより