ある女性の結婚式で行われた、92歳のおばあちゃんによるサプライズが人々の心を温めている。

フラワーガールの92歳おばあちゃん

7月1日、米ミネソタ州にあるマンケートゴルフクラブで、一組のカップルが結婚式を行った。

ダスティンさんとアビーさんが、マーション夫妻となる大切な日だ。

この日、花嫁よりも先に参列者から大きな歓声を受けた人物がいる。新婦アビーさんのおばあちゃん、ジョージアナさんだ。

花嫁が通るバージンロードに花を撒く「フラワーガール」は、一般的に小さい女の子が務めることが多い。

そんな役目を、アビーさんは大好きな“女の子”である祖母に任せることにしたのだ。

その時の様子がこちらだ。

シルバーカーとともに登場したフラワーガールに、大きな歓声が上がっている。

結婚式に出るのは人生で2回目

ジョージアナさんにとって結婚式に出るのは、人生で2回目。1回目は自分の結婚式だ。

その時の相手を、ちょうど1年前に看取っていたジョージアナさん。

家が近いこともあり、小さい頃から夫と共に成長を見守ってきた孫娘から、「フラワーガールになって」とお願いされた時には、思わず「キャー!」と叫んでしまったそうだ。

式の前には「花の代わりにキャンディを撒くのはどうかしら?」と提案するなど、このサプライズを存分に楽しんでいたという。

「多くの人を笑顔にできてうれしい」

小さい頃から、自分の結婚式ではおばあちゃんに活躍してほしかったというアビーさん。

フラワーガールが花嫁よりも注目されてしまったかもしれないことについて、「全然気になりません。おばあちゃんが多くの人を笑顔にできてうれしいです」と、StarTribuneにコメントしている。