中国政府・外交部の耿爽報道官は北朝鮮の核・ミサイル開発問題で中国責任論が出ているとして、「もうやめにしよう」などと述べた。

写真拡大

中国外交部の耿爽報道官は11日午後の記者会見で、北朝鮮の核・ミサイル開発問題で、「中国責任論はもうやめにしよう」などと述べた。在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)については中国を「後ろから刺す行為」と表現して批判した。

耿報道官は北朝鮮の核軍備などを巡る問題について「核心は米朝の矛盾」、「矛盾の焦点は中国側にあるのではない」、「目下の情勢の緊張をエスカレートさせたのは中国ではない」、「朝鮮半島問題を解決する鍵は中国の手中にはない」などと主張。さらに「最近になり半島の核問題について『中国責任論』を喧伝し強調する人がいるが、(それは)全面的かつ正確な理解に欠けているか、何らかの下心で自らの責任を逃れようとするものだ」と論じた。

中国のこれまでの動きについては「半島の核問題を解決しようとたゆまぬ努力をし、一貫して重要かつ建設的な役割を果たしてきた」、「問題解決を進める上で、中国は誰もが認める貢献をしてきた」と主張。また、「中国が火を消そうと努力しているのに油を注ぐ者がいるならば、中国が安保理決議をその通りに実行しているのに中国の正当かつ合法的な権益を侵犯する者がいるならば、中国が半島の非核化を積極的に進めようとしているのに(半島の非核化を)口実として中国の安全を損ねる者がいるならば…。中国の努力はどうして、予期される効果を出すことができるだろうか?情勢はどうして緩和されるだろうか?半島の核問題はどうして解決されるだろうか?」と述べた。

中国は北朝鮮が核やミサイル発射の実験を停止することと、米韓が大規模な軍事演習を控えることを同時に実現すべきだと主張している。さらに、在韓米軍のTHAAD配備を強く批判している。耿報道官の発言は、主に米国の言動にたいするいら立ちを示したものと言ってよい。

耿報道官は、説明の途中で中国人が好んで使う4文字の成語も用いて名指しはしなかったが米国を非難。「『仕事を放り出す店の番頭(責任があるのに果たさない)』ではだめだ、『川を渡ってから橋を壊す(恩を仇で返す)』ではだめだ、『後ろから刃物で刺す』ではもっとだめだ」と表現した。「後ろから刃物で刺す」などがTHAADの配備を指すことは間違いない。

同報道官は説明の最後に同問題について、「中国責任論はもうやめにしよう」と述べた。(翻訳・編集/如月隼人)