オーストラリア・シドニーの街中に、中国人や黒人を差別したと思われるポスターが貼り出され物議を醸している。写真はシドニー。

写真拡大

オーストラリア・シドニーの街中に、中国人や黒人を差別したと思われるポスターが貼り出され物議を醸している。11日付で香港メディア・東網が伝えた。

問題のポスターは10日朝にシドニー都市圏に属するマリックビルで貼り出され、カードゲーム風のイラストが描かれている。

アジア系の男性が描かれているポスターでは、オーストラリアの領土の形をしたステーキを前にフォークとナイフを持った男性が歯を見せ笑っている姿があり、ポスター下部には「底なしの資金を持つ。スキル:オーストラリアで思う存分不動産や施設を購入。おとなしいが非常にずる賢い。やつらを捕まえろ、そしてすべてをつまみ出せ」との文字があった。報道では「近年投資目的でオーストラリアの不動産を買う中国人が増え、現地の不動産価格の高騰を引き起こしており、ポスターはこれを風刺していると思われる」と指摘している。

このほか、黒人や著名人が描かれたポスターもあり、いずれも批判的な文章が添えられていた。ポスターは激怒した周辺住民により撤収されたという。オーストラリアの民族主義団体が作成したとの情報もあり、現地警察が捜査を進めている。(翻訳・編集/内山)