それぞれの色には、時にさまざまな意味が付与されますが、同一の色でも国や文化の違いによってその意味が全く異なることがあります。今回は、国や文化によって異なる「色の意味」について、カラー&イメージコンサルタントの花岡ふみよさんに聞きました。

仏教圏で高貴な「黄色」、しかし欧州では…

 花岡さんによると、国や文化の違いによって意味が異なる色の代表が「黄色」。古代中国において黄色は皇位を象徴する「高貴な色」として崇められ、皇帝以外の使用が制限されていました。その由来としては「黄」と「皇」の発音が同じであることや、中国の「五行思想」で黄色が中央を表すことなど諸説あるようです。

「清朝を舞台にした映画『ラストエンペラー』では、黄金色に輝く宮殿において、皇帝が黄色(金色)の衣装を身にまとっているシーンがありますが、これは中国にとって黄色が特別な色であることを象徴しています」(花岡さん)

 古代中国は文化や政治などあらゆる点で近隣諸国に大きな影響を及ぼしており、中国由来の文化が多い日本では、寺社仏閣で黄色の装飾をよく見かけるほか、タイやミャンマーなどの仏教国でも、黄色は高貴な色として定着しています。

 ところが欧州では、キリスト教徒にとって許せない存在である裏切り者のユダが黄色の服を着ていたことから、黄色が「裏切りの色」として忌み嫌われる時代があったそうです。ここから、黄色には「裏切り」「排斥」「嫉妬(しっと)」などのネガティブなイメージが付され、現在でも黄色をナショナルカラーとする国は少ないといいます。

「三流ゴシップ誌を『イエローゴシップ』、東洋人を見下げて『イエローモンキー』などと呼ぶのも、黄色をさげすんでいたことの名残りです」

洋の東西を問わず高貴な「紫」

 一方で「紫」は洋の東西を問わず、高貴な色として認識されています。紫の色素は、東洋では貴重で価値の高い紫草の根から、西洋ではムラサキ貝(プルプラ貝)の内臓の分泌液からそれぞれ抽出され、いずれも多大な労力とコストのかかる希少な色だったため、紫色の服は身分の高い人しか着用できず、転じて高貴な色となったそうです。

「『プルプラ』は英語で紫を意味する『purple』の語源。世界三大美女として知られる女王クレオパトラは、自身の衣服や軍艦の帆も紫に染めて、その権力をアピールしたと伝えられています」

 紫は、日本でも古くから高貴さを象徴する色であり、聖徳太子が定めた「冠位十二階制度」で濃紫の衣服や冠の着用を許されたのは、最も位の高い豪族でした。

(オトナンサー編集部)