俳優の小栗旬さんとムロツヨシさんが10日、都内で行われた映画『銀魂』の公開直前イベントに福田雄一監督とともに出席しました。

『週刊少年ジャンプ』連載の空知英秋原作による大ヒットコミックを、小栗さん主演で実写映画化。

パラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋を営む風変わりな侍・坂田銀時(小栗さん)と仲間たちの周りで起こるさまざまな事件をコミカルに描いています。

観客から「入れ替わるなら出演者の誰がいいですか?」と質問が上がり、小栗さんは「俺は絶対、吉沢亮になりたい。すげ〜キレイな顔をしていますよ、本当に!」とうらやましそうに答えると、ムロさんは「いやいや、“花沢類”もキレイな顔してましたよ!?」とニヤリ。

続けてムロさんは「あれ、やってよ!」と言って、小栗さんがドラマ「花より男子」で花沢類を演じていたときのセリフ「まーきのっ」を再現するよう促しました。

質問した女の子の名前を聞き、小栗さんは「なーなみっ」と首を傾けながら呼ぶ大サービス。

「すっかりこういうキャラクターになってしまった……。でも俺、実際はこんな首の動きしていないから(笑)」と物申し、会場を沸かせていました。

映画『銀魂』は7月14日から全国ロードショーです。

【関連記事】

※ 花沢類の再来!? 逆モノマネを披露した小栗旬、吉沢亮の顔をベタ褒め!

※ 瑛太、土下座で懇願「日本中の皆様、ぜひ見てください!」

※ 森田剛、瑛太の猛烈ラブコールに「一緒に住める」

※ 窪田正孝、原作者から似顔絵をプレゼントされ「本当に感謝しかない」

※ 天才(!?)俳優・坂口健太郎が「愛してる」意外なものとは…

※ 最高の夏を楽しむために。大人女子が今から始めておきたい3つのコト(PR)