「神憑ってる」ってこういうこと!徳島GK長谷川、名古屋戦でやった5つの超セーブ

写真拡大

今季のJ2で最多得点をマークしている徳島ヴォルティス。

5月こそ6戦4分と元気がなかったが、ここ最近は3-0、6-1、4-1と大量得点で連勝を飾っている。

そんな徳島は先週末、名古屋グランパスのホームに乗り込み0-2とまたもや勝利。

井筒陸也、杉本太郎のゴールで白星を飾ったのだが、チームの勝利に誰よりも貢献したのはGK長谷川徹だった。

この試合で見せたセーブの連続がとにかく凄かった!

・28分(00:38から)

・39分(02:07から)

・49分(02:39から)

・70分(03:35から)

・82分(04:18から)

名古屋のチャンスをとことん阻む!

なかでも0-1の状況で迎えたPKのシーンでは永井龍のキックを完全に読み、これをストップ!試合の流れを左右した大きなプレーであった。

チームに追加点をもたらした杉本も、「内容的にはPKが入っていたらどっちに転ぶか分からなかった試合」と振り返っている。

なお、『DAZN』が選ぶJ2第22節のベストセーブ集には長谷川のプレーが2つランクインしている(39分、49分のシーン)。

※カバー画像は『DAZN』の許諾を得て使用しています