iPhone 8に指紋を読み取るTouch IDは搭載されるのか、搭載されるとして位置はどこなのかは分かっていません。

新たな分析によれば、AppleはTouch IDについて決定をまだ下していないようです。

8月までにTouch ID搭載 or 廃止を決定か

KeyBanc Capital Marketsの分析によると、AppleはTouch IDセンサーを搭載するか否かの判断をまだ下していません。

8月までにTouch IDセンサーの制御チップを発注すれば、iPhone 8は10月末か11月上旬に発売できますが、そうでなければ発売を遅らせるか、Touch IDを搭載せずに発売する、と分析しています。

発売を遅らせるとAppleの売り上げに影響が出るため、8月までにはTouch IDを搭載するか否かの決定を下すことになるようです。

iPhone 8の顔認証にも課題あり

iPhone 8に搭載される顔認証は、様々な角度から顔を撮っても認証でき、明るくない場所でも問題なく機能する、とKeyBanc Capital Marketsのアナリストは主張しています。

しかし、顔の輪郭が分からない状況では使えないという弱点もあります。Touch IDよりも正常に機能しない・利用できない場面が多くなる恐れが指摘されています。

iPhone 8発売当初はApple Payが利用不可に

Touch IDがなければ、Apple Payの認証には「顔」を使うしかありませんが、iPhone 8の顔認証には前述の課題もあるので、発売当初はApple Payが使えない可能性があります。

発売後のアップデートで使えるようになるのか、どれくらいの期間で使えるようになるのかは不明です。

大手ニュースサイトは懐疑的

Appleにまつわる噂を扱う大手サイト『9to5Mac』は、これらの分析・予測について以下の点を指摘し、懐疑的な見方を伝えています。

Touch IDを搭載するか否かはもっと早い時点で決まっているはずiPhone 8は最上級モデルなのにApple Pay非対応は考えにくい顔認証の信頼性・使いやすさを考えるとTouch IDを廃止するメリットがない

そのうえで、Touch IDを画面に埋め込む・電源ボタンに内蔵する可能性の方が高い、と考察しています。ただし、その具体的な根拠は示していません。

参考

Unlikely report claims Touch ID still not finalized for iPhone 8, may launch without Apple Pay | 9to5MacApple Has Just Weeks to Fix its Fingerprint Problem, Says KeyBanc - Barron’s