【詳細】他の写真はこちら

多機能なのに、本体の厚さはたった11mmに収まっています。

スマホと連携して使えるスマートな機能をこれでもかと詰め込んだ財布『Volterman』がクラウドファンディングサイトのIndiegogoに登場しました。モバイルバッテリーとしてのデジタルガジェット充電機能や紛失防止機能だけでなく、盗難された際には泥棒の顔を撮影できるというのだからオドロキです。

ワイヤードだけでなく、ワイヤレスでも





『Volterman』の内部には薄型のバッテリーが内蔵されており、付属のケーブルを利用してスマホなどのデジタルガジェットの充電ができます。しかも財布の上に乗せるだけで充電できる無線充電機能まで備えているんですよ。

紛失防止機能からGPSによる追跡まで





財布を置き忘れた時、あるいは盗まれたりして自分から離れた場合には、Bluetooth経由で即座にスマホに通知が飛んできます。財布がBluetoothの通信圏外になった場合にはGPS信号で自分の居場所を測位し、リアルタイムで自分のスマホに伝えてくれます。

オドロキの盗難防止機能とは?





オプションで財布の内側に小さなカメラを内蔵できるのも『Volterman』の大きな特徴。一度「lost mode」(遺失物モード)に設定した後に財布が開かれると、財布を開いた人の顔を撮影し、スマホへ送信してくれるんだそう。つまり、盗難に遭った場合はその画像を見れば泥棒の顔がわかるというわけですね。うっかり財布を落として、拾い主が善意で連絡先を確認しようとした場合でも顔写真を撮ってしまうのが難点ではありますが、その時は撮影データをそっと消しておきましょう。

選べる3スタイル







『Volterman』には、2つ折りの『Volterman Bifold』、カードケースタイプの『Volterman Cardholder』、長財布タイプの『Volterman Travel』と、3つのモデルが用意されていますが、モデルによる機能の違いはありません。ただし、内蔵バッテリーの容量が異なり、『Volterman Bifold』が2600mAh、『Volterman Cardholder』が2000mAh、『Volterman Travel』が5000mAhとなっています。

『Volterman』はすでに目標金額の7倍以上を集め資金募集に成功しており、現時点では『Volterman Bifold』が135ドル(約1万5000円)、『Volterman Cardholder』が98ドル(約1万1000円)、『Volterman Travel』が157ドル(約1万8000円)の支援で入手可能。2017年12月に出荷される予定で、発送先は全世界対応とのことです。

文/塚本直樹

関連サイト



『Volterman』プロジェクトページ(英語)