どんなプロポーズでもやはり嬉しい女心…!?(画像は『News On 6 2017年7月6日付「Muskogee Woman Says‘Yes’To Marriage Proposal During Boyfriend's Arrest」』のスクリーンショット)

写真拡大

ボーイフレンドが事件を起こして逮捕され、これから警察の留置場に向かう。そんな状況にあっても「結婚して下さい」と言われることは女性にとって特別な喜びなのであろうか。腰の位置に手錠をはめられ、膝をついた男性のドラマチックなプロポーズに愛情を込めて「Yes!」と返事する女性。米オクラホマ州のメディア『News On 6』が映像とともに伝えた。

警察署に連行される直前でありながらプロポーズを成功させたのは、米オクラホマ州マスコギー郡のブランドン・トンプソンという男。紹介された映像は警察犬“K9”を同伴させたボブ・リンチさんの制服の胸元のボディカメラが捉えたものだという。重い罪を犯したブランドンは奇しくも誕生日という7月4日に逮捕された。マスコギー警察の広報担当官リンカーン・アンダーソンさんによれば、パトカーに乗った彼は「どうしてもガールフレンドのリーンドリア・キースさんに会って結婚の約束を交わしておきたい。将来は彼女を妻に迎え、子供たちとまっとうな人生を歩みたいから」と話し、理解と協力を求めたという。

あまりの真剣さに圧倒された警察官はリーンドリアさんに連絡し、その旨を伝えた。仮にもブランドンは犯罪者で一般人に近づけさせることは危険である。彼女が「受け入れる」と言わない限りブランドンの望みを叶えさせる必要などないからだ。リーンドリアさんはその話にとても驚き、しかし警察官の予想に反して嬉しそうにこう答えたという。

「イエスと言うつもりよ。彼を愛しているもの。私たちにだって人生の浮き沈みはあるわ。それが無条件の愛というもの。私たちは誰もが日々自分なりのチョイスに従って生きていくの。私は彼の花嫁になり、2人は一生愛し合い、一緒にいることで何か大切なものを得られる人生にしていきたいわ。」

この一件については「私たちは喜びや悲しみといった感情を持つ人間同士。犯罪者の身柄を警察署や刑務所に送る日々において、そうした喜びを分かち合う一瞬があったことは嬉しいです。重罪を含む6件もの容疑で逮捕状が出たブランドンですが、更生したら彼女と共にしっかりとした人生を歩んで欲しい」と警察官らは語っている。その後の人生に夢や望みを持っている犯罪者は反省も深く、投獄が決まっても模範囚となり刑期も短縮となって早く社会に戻ってくることが期待できるという。

画像は『News On 6 2017年7月6日付「Muskogee Woman Says‘Yes’To Marriage Proposal During Boyfriend's Arrest」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)