会社と自分の関係

写真拡大

会社に縛られる生き方はしたくない。自由に生きたい、そんな思いを抱えた人は多いでしょう。しかしながら、会社員で無くなることはデメリットもあります。会社が責任をかぶってくれていたものが、すべて自分にのしかかってくるのです。

明日会社がなくなっても

川上徹也による「明日、会社がなくなっても、自分の名前で勝負できますか?」(クロスメディア・パブリッシング)は、会社員と個人の関係について、真摯な問いかけを行った本だといえるでしょう。仕事がつまらない、仕事が退屈である、自分は評価されていない、そんな不満を抱える会社員は多いでしょう。しかしながら、それはものの考え方次第ではないでしょうか。仕事のやり方を劇的に変えることは、会社員であったとしても可能なのです。会社に対する愚痴は、会社があってこそ成り立つものです。もし、会社がなくなれば、会社に戻りたい、そんな風に思ってしまう人は多いのではないでしょうか。そうならないための処世術が本書には記されています。

仕事を見つける

仕事がつまらないならば、自分で面白い仕事を見つければ良い、シンプルな問いかけに向き合います。セルブランディングによって志のあるストーリーを作る重要さ、さらに自分で仕事の種を見つけるためのセルフマーケティングの方法など、役立つ情報が本書には多く記されています。