3バック?4バック?ヴェンゲル監督が計画を明かす

写真拡大

アーセナル公式サイトは、シドニーでの記者会見に臨んだアーセン・ヴェンゲル監督のコメントを掲載した。

昨季はチャンピオンズリーグ出場権を逃すなど苦しい戦いとなったアーセナルであるが、終盤は3バックに変更し、FAカップ優勝を成し遂げている。

では今季はどのようなシステムを使っていくのか?オーストラリアでのプレシーズンマッチに臨むアーセン・ヴェンゲル監督は以下のように話したという。

アーセン・ヴェンゲル

(今季は違うやり方をしますか?)

「我々は多くのシステムをテストするだろう。現時点でいえば、昨季の終盤から連なっている状況だ。

4バックを使う試合も、3バックを使う試合もあるだろう。しかし、シーズンのスタートでは3バックでプレーすることになるだろうね」

(新しい契約と、今の目標について)

「目標については簡単だ。次の試合に勝つこと。そして全ての試合に勝つことだ。

今のプレミアリーグは非常に競争力が高い。6〜7チームに優勝の可能性がある。全てのトロフィーが難しいものとなる。

我々はプレミアリーグを狙いたい。再びFAカップも手に入れたい。そしてヨーロッパリーグでプレーし、それも勝ち取りたい。そのために十分な準備が必要だ。

昨季の終盤はうまく戦った。11試合で10回勝った。それを続け、強い形でスタートしたい」
アーセン・ヴェンゲル

(次の二年間での目標は?)

「ああ…これは個人的なものではないよ。この仕事でこれだけの長いキャリアを歩めたことは幸運だった。そして、アーセナルのためにいい仕事をしたい。そのために完全に集中している。

うまくやるということは、プレミアリーグを勝利し、いつかチャンピオンズリーグも優勝するということを意味する。

私がこれだけ長い間アーセナルに残れたのは、まずクラブがその価値を理解しているからだと思っている。

これだけ残ってきたのも、その価値が自分にとって重要なものであったからだ。そして、その中のひとつがトロフィーを勝つことだ。

もっと重要なのは、それが自分たちにとって重要であることを理解すること、試合の中で何が重要なのかを感じること、その基盤を勝利のために生かしていくこと。それをキャリアの最後まで続けていくよ。

とにかくトロフィーを獲りたい。そしてその次のトロフィーも勝ち取りたい。

クラブが拡大を続けていくこと、強い基盤を作ることは重要だ。このレベルにおいて、私は全ての試合に勝ちたい。負けた時、私は本当に怒るし、悲しむ。しかし、それも監督業のひとつだ」