img_event_gallery_tokyoarts_01.jpg

写真拡大

様々な作品を多くの人に見てもらうためにある街中のギャラリー。作品にとって舞台とも言える美しい空間を作り出してくれる、個性的で素敵なギャラリーを紹介する。

写真の新しい可能性を探して

恵比寿と渋谷の間、やや恵比寿寄りの明治通り沿いにある、珍しい路面型のギャラリーがtokyoarts galleryだ。

オープンして5年。当初は写真のみを展示するギャラリーだったが、最近は写真7割、現代美術やイラストなどが3割を占める。

「海外のフェアで若い作家と出会ったり、写真展を見て回って探したりすることが多いですね。後は紹介とか、美大の卒業制作展なんかも見に行きます。インターネットには一見『いい写真』に見えるもので溢れていますが、プリントをすると全然ダメなことが多い。そこはプロとアマチュアの差が出ますよね。そこがきちんとしていないと、企画展というのは難しい」(ディレクター・田中廉也氏)。

しかし、トラディショナルな銀塩写真にこだわるギャラリーではない。コンセプチュアルな作品の展示が多いという。

「アートはオリジナリティなので、『誰かの作品に似ている』では話にならないんです。新しいことをやらないと上には行けない。今、海外の作家が面白いんですよ。彼らは『こういうことを伝えたいから、この手法を使う』ということが明確なんです。技術だけじゃなく、作品の見せ方もきっちり学んでいるんでしょうね。アジアでも台湾の作家はその傾向が強いので、注目しています」。

今後は海外作家の展示を増やしていく。尽きることのない、写真の新しい可能性と出会えるギャラリーだ。

特長・利用方法

ギャラリーの特長:写真と現代美術の展示を行なう企画展メインのギャラリー
展示作品のジャンル:コンセプチュアルな写真によるアート作品・現代美術作品
スペース:床面積=33m² 天井高=3m 展示壁面積=60m²
会期:要相談
プリント販売:
DM・リリース配信:
客層:20代以上の写真・現代美術に興味のある人

tokyoarts gallery
住所:渋谷区東2-23-8
最寄り駅:JR山手線・東京メトロ日比谷線恵比寿駅徒歩12分
TEL:03-6427-6665
開廊時間:11:00〜20:00
休廊日:月曜日
URL: www.tokyoartsgallery.com


※この記事はコマーシャル・フォト2017年4月号から転載しています。