九州が豪雨に襲われたのとは正反対に「関東では水不足が起きています」と司会の羽鳥慎一が荒川水系の取水制限を伝えた。4ダムの全体貯水率が61%。最も低い二瀬ダムでは28%で、流れ込む川の底が見える状態だ。6月から10%の取水制限を実施、これは20年ぶりという。

貯水率、降水量とも平年を下回る状態が続き、6月(2017年)の降水量は観測史上4番目の少なさだった。台風3号でも水不足は解消せず、総合管理事務所の尾島知課長は「この時季にここまで少ないのは初めてです。近年にないシビアな面がある」と話す。

荒川水系のダムは、埼玉県の32%、東京都の4%をまかなう。利根川水系からも武蔵水路で水を引いているので「すぐに生活には影響ない」というが、農業には深刻だ。深谷市のキュウリ農家は「毎日水をやらないといけない、これから作物が伸びると、もっと必要になる。死活問題になっちゃう」と不安を隠せない。

気象予報士の河波貴大によると、ポイントは梅雨前線の位置で、7月も前線が関東にほとんどかからなかった。

宇賀なつみアナ「これからも雨が降らなければ取水制限率の引き上げについて話し合うそうです」

司会の羽鳥慎一「心配です」