撮影:石田寛

写真拡大 (全5枚)


奄美大島出身の歌姫・城南海(きずきみなみ)の自身最大規模となる全国ツアー「ウタアシビ2017夏」の追加公演が、7月9日に東京・恵比寿ザ・ガーデンホールにて開催。涙、感謝、そして音楽で満ちあふれるパフォーマンスで詰め掛けたファンを魅了した。

この日、暗転したステージの中、城南海が姿を現すと観客席から拍手の嵐が。そのままイントロが始まっても、鳴り止まない拍手。そのあたたかい祝福に、涙ぐみながら歌い始めた1曲目は、デビュー曲「アイツムギ」だ。
実は今回、体調を崩して数日間の休養をとっていた城。追加公演の開催も一時は危ぶまれたが、無事に回復をして、このステージに立つことができた。その姿に対してか、1曲目が終わってからも会場は割れんばかりの拍手に。
「歌い出しから泣いちゃったのは初めて。みなさんにご心配おかけいたしました。こんなあたたかい拍手に包まれて、幸せです」と、温かく迎え入れてくれたファンへの感謝の気持ちを切々と伝えた。そして続く「誰カノタメニ」では力強い歌声とあふれる感情で、一気にファンの心を引き込んでいった。
その後、夏の季節にもあう「蛍恋」「いつか星になる」、そして7月19日発売の最新シングルのカップリング曲「未完成の世界」と、このツアーでは初披露となる曲を立て続けに披露した。

今回のツアーは “ルーツ&和” がテーマになっており、城はドレスに着物の帯をあしらえた和モダンな衣裳で登場。テレビ東京「THEカラオケ★バトル」では番組最多となる10冠を達成し “絶対女王“ と言われている彼女が「クラシック・民謡で育った私が、J-POPの歌い方を悩んでいた時に、どうやって歌に気持を込めるかを勉強した、私の原点に帰れる曲です」と、「友達の詩」(原曲:中村中)のカバー曲を披露した。
そこからはシークレットゲストとして奄美大島の先輩でもある元ちとせが登場し、「ワダツミの木」を二人で熱唱すると、会場の盛り上がりも最高潮に。「中学校1年生の時にちとせ姉ちゃんがデビューして、みんなで聞いて、みんなに夢を与えてくれて、私が歌を目指したきっかけといっても過言ではないです」と、城南海のルーツにも迫る大先輩とまさに彼女たちのルーツとなるシマ唄で、会場には島の風が吹き抜けた。

続いてスペシャルゲストとして、デビュー当時から親交があり、城自身、音楽の父と崇めていている音楽プロデューサーの武部聡志氏が登場。「私が初めて歌詞を書いた曲で、武部さんと二人でレコーディングしました」と、「紅」を二人で奏で、まるでピアノと声の息遣いが聞こえるような緊張感包まれた。
続いて、武部氏のラジオ番組出演がきっかけでカバーが実現した「やさしさに包まれたなら」(原曲:荒井由実)で和んだ後、7月19日発売のシングル「あなたに逢えてよかった」に。「この曲は僕にお声がけいただいて、本当に嬉しかった。いい歌になったと思うし、これから10年20年歌い継がれていく曲になると思う」と武部氏の言葉に、城も「武部さんと今回こうやってご一緒させていただいて、本当に嬉しかったです。何をテーマにしようかと考えた時に、みなさんとの出会い、そして私のルーツにそって作ろうと思いました。みなさんの心に届いてほしい、大事な人を想って聞いてほしいです。みなさんへのありがとうの気持ちを込めて歌います」とこの曲への想いとともに、ファンはもちろん、これまで出会った人への感謝が歌を通して会場に満ちあふれた。そして最大限の感謝の気持ちを奄美の方言であらわした「祈りうた〜トウトガナシ〜」で本編は幕を下ろす。

アンコールでは、白いワンピースのドレスで再登場。高校では音楽科でピアノを専攻していた彼女の音楽的ルーツに触れる「会いたい」(原曲:沢田知可子)のカバー曲をグランドピアノでしっとり弾き語った。そして武部氏も再び登場すると、城は「この曲は武部さんに作曲・編曲、そして演奏もしていただいて、作詞は一青窈さんにしていただきました。この曲で、東日本大震災の被災地に行かせていただいて、音楽のパワーというものを改めて実感しました。歌の原点を教えてくれたこの曲を最後に聞いてください」と、最後に「兆し」を披露してこの追加公演の幕を閉じた。

城南海の人間的・音楽的ルーツを辿りながら、感謝あり、涙あり、笑いあり、音楽の楽しさの真髄が詰まった特別な一夜となった今回のコンサート。この後、7月16日にはツアーの最終地として、まさに城南海のルーツである奄美大島での公演を迎える。

撮影:石田寛

【セットリスト】
1.アイツムギ
2.誰カノタメニ
3.蛍恋
4.いつか星になる
5.未完成の世界
6.友達の詩 ※原曲:中村中
7.ワダツミの木 ※ゲスト:元ちとせ
8.シマ唄(豊年節〜ワイド節) ※ゲスト:元ちとせ
9.紅 ※ゲスト:武部聡志
10.やさしさに包まれたなら ※原曲:荒井由実 ※ゲスト:武部聡志
11.あなたに逢えてよかった ※ゲスト:武部聡志
12.祈りうた〜トウトガナシ〜
EN1.会いたい ※原曲:沢田知可子
EN2.兆し ※ゲスト:武部聡志

【城南海】記事一覧


■リリース情報
城南海 11st Single「あなたに逢えてよかった」
2017年7月19日発売

PCCA.04554 ¥1,296(税込)
<収録内容・特典>

<収録曲>
M1「あなたに逢えてよかった」作詞:松井五郎/作曲:マシコタツロウ/編曲:武部聡志
M2「未完成の世界」作詞・作曲:池田綾子/編曲:水島康貴
*テレビ朝日系列「じゅん散歩」6月7月度エンディングテーマ
M3「会いたい」作詞:沢ちひろ/作曲:財津和夫/編曲:ただすけ(※オリジナル:沢田知可子「会いたい」1990年)
【ツアー会場限定予約特典】
6月4日(日)からスタートする「城南海 ウタアシビ2017夏」本公演のライブ会場にて7月19日(水)発売11stシングル『あなたに逢えてよかった』をご予約購入いただきますと、CD1枚につき本人直筆サインが入ったご希望のスペシャルポストカード1枚にプレゼントいたします。
「直筆サイン入りスペシャルポストカード」全3種予定
〇注意事項
※本予約特典は、「城南海 ウタアシビ2017夏」本公演(6月4日〜7月2日)のライブ会場限定予約特典です。
※対象商品をお求め頂いた際、払い戻しは一切行いませんので予めご了承ください。不良品は良品交換とさせて頂きます。
※特典には数に限りがありますので、ご了承ください。
※直筆のサインは事前に書いたものになります。直筆のため、かすれたり滲んだりしている場合がありますが、交換・変更はできませんので、ご了承ください。

■ライブ情報
「城南海 ウタアシビ2017夏」

7月16日(月) 奄美観光ホテル3階孔雀の間 開場 17:00/開演 17:30
(※開催済み公演は割愛)
詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。