トッテナム、シティとの「大型トレード」を画策か

写真拡大

『The SUN』は10日、「トッテナム・ホットスパーは、マンチェスター・シティのナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョを獲得しようとしている」と報じた。

今夏のマーケットでシティを退団する可能性が高いと言われているケレチ・イヘアナチョ。

非常に期待されている選手であるが、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下では出番が限られていることもあり、彼自身が退団を望んでいるという。

先日レスター・シティが彼の獲得に向けて2000万ポンド(およそ29.1億円)を提示したと報じられているが、今のところ合意したという話はない。

また、他にもボルシア・ドルトムントやモナコなども彼の獲得に動いていると伝えられており、競争は激しい。

しかし、トッテナム・ホットスパーはイングランド代表DFカイル・ウォーカーとのトレード+金銭という形で彼の引き入れを狙っているとのこと。

シティはウォーカーの獲得に動いているが、トッテナムは5000万ポンド(およそ72.6億円)の価格を設定し、さらに大きな額を引き出そうとしている。そこでケレチ・イヘアナチョの譲渡を要求することによって、交渉を合意に導こうとするようだ。

ハリー・ケインへの負担が非常に大きくなっていると言われているトッテナム。ヤンセンが今一つプレミアに馴染んでいないこともあり、もしイヘアナチョが獲得できれば大きな戦力になりそうだ。