画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●睡眠不足による経済的損失は約15兆円

北欧の空気清浄機ブランド「ブルーエア」の日本総代理店であるセールス・オンデマンドは7月11日、都内で「睡眠と空気」に関する勉強会を開催した。勉強会では、快眠セラピストの三橋美穂さんをゲストに迎え、睡眠の重要性や睡眠に適した環境づくりについてレクチャーした。

博報堂生活総合研究所の「生活定点調査」によれば、2017年に「力を入れたいこと」の第1位は「睡眠・休息」(82.6%)だったという。「趣味・遊び」が78.1%で3位だったことから、「趣味にかける時間よりも、睡眠時間を長くしたいと考えている人が多いことが分かる」と、三橋さんは説明する。

実際、厚生労働省の「国民生活・栄養調査」の結果によると、成人の約4割の人が睡眠時間6時間未満となっている。

「夏は蒸し暑くて寝苦しいだけでなく、日照時間が長くなることから、ほかの季節に比べて睡眠時間が短くなりがちです。また、高温多湿のため睡眠の質も下がります」と三橋さんは話す。人は体温が下がることで寝つくことができるが、夏は気温が高いため体温が下がりにくく寝つきが悪くなり、睡眠の質が悪化するのだという。

睡眠が十分でないと、集中力が低下し仕事のミスや事故を起こしやすくなる。病気のリスクが高まることも分かっており、鬱など睡眠不足との関係が指摘されているものも少なくないとのこと。

「睡眠不足だと太りやすくなるので、ダイエットがうまくいかないのは睡眠不足のせいかもしれません。肌もくすみ、睡眠不足だと老化が早くすすむのではないでしょうか」(三橋さん)。

2016年11月、アメリカのシンクタンク「ランド研究所」が発表した調査によれば、日本人の睡眠不足を原因とした国家レベルの経済的損失は約15兆円で、その額はGDPの2.92%にあたるという。三橋さんは「睡眠不足になることで集中力が低下します。それにより、仕事の作業効率が下がり、産業事故が起きやすくなるということで、15兆円の経済的損失が試算されています」という。

●睡眠の質を上げるには

では、睡眠の質を良くするためにはどうすればよいのか。三橋さんは、眠気を高め、寝つきをよくする基本ルールとして、5つのルールを指摘する。それは、(1)体内時計を整える、(2)疲れをためる、(3)体温のメリハリを作る、(4)リラックスしている、(5)室内が快適――というものだ。

「睡眠の環境というと、寝具やパジャマなどには気を配ると思いますが、空気についてはどうでしょうか。実は、私たちが毎日取り込むもののうち、半数以上は部屋の空気です。中でも寝室の空気は、衣類や寝具の綿ボコリ、ダニの死骸やフンなどがあるため汚れています。寝室の空気が汚れていると、無意識に呼吸が浅くなります。呼吸が浅くなると、体の緊張がとれず、体内に取り込む酸素量が減ります。体内に取り込む異物を取り除くのにエネルギーが使われ、疲れがとれにくくなり、睡眠の質が低下していきます」と、寝室の空気と睡眠の関係性を三橋さんは説明する。

続いて登壇したセールス・オンデマンド ブランドマネージメント部ブルーエアグループアシスタントマネージャーの貝原史珠さんは、ブルーエア製品が寝室の環境づくりにどのように役立つのかを説明した。

「睡眠中は、室内の空気の対流を起こすような人の動きがないので、空気があまり動きません。一方、寝返りを打つたびに、自分の周囲だけハウスダストが舞い上がります。睡眠中も寝室をきれいな状態に保つには、部屋の中の空気に働きかけて気流を作り出すパワーと、舞い上がったハウスダストを素早く除去するスピードを持つ空気清浄機が求められます」(貝原さん)

多くの空気清浄機では、睡眠時の運転に向いた低速モードを用意している。低速モードは静音性に優れているが、そのぶん空気清浄力が低下するとのこと。

「ブルーエアの最上位モデルBlueair Classic 680iは、低速運転のスピード1でも吸い込みスピードが毎分2.8立方メートル。他メーカーと比較しても高速です。さらに独自の粒子イオン化技術と高性能フィルターで、ウイルスレベルの微粒子まで99.97%除去します」と、貝原さんは話す。

ちなみに、空気を動かすと体感温度が下がるので、夏の夜の暑さも和らぐようだ。エアコンと対面で設置すれば、エアコンの冷たい空気の循環を促し、またエアコンの運転効率にも寄与し、節電につながるという。