「気さくであのままの方でした」と愛可(画像は『愛可 2017年7月10日付Instagram「表参道でさんまさんに遭遇!」』のスクリーンショット)

写真拡大

東京・表参道で10日、明石家さんまが現れて居合わせた人たちと“撮影会”になったもようだ。この時のさんまは女性モデルや一般人、老若男女分け隔てなくテレビと同じ態度で接していたという。

モデルの愛可やベイカー恵利沙のInstagramに、明石家さんまがツーショットで登場している。『愛可 aikick Instagram』では「表参道でさんまさんに遭遇!」「写真とって頂いた! 気さくであのままの方でした」と紹介。また『ベイカー恵利沙 bakerelisa Instagram』では「表参道を歩いていたら! さんまさん」「ばったりお見かけしちゃってびっくりして嬉しくてお写真撮っていただきました」と、彼女も大感激だった様子だ。さらに「集まってくる方みーんなに優しかった! 本当に神対応でした」とその時の状況が添えられている。

ベイカー恵利沙の言葉を裏付けるように、この日の一般人のSNSでも「表参道にさんまさんいた」「表参道でまさかのさんまさん… 」とさんまと一緒に撮った写真が多数アップされている。母親に背負われた幼児にさんまが話しかけていたり、彼と同世代と思われる女性らに囲まれていたり、若い男性2人組との3ショットもあったが、彼はどの写真でも“さんまスマイル”で写っているのだ。

写真に添えられたコメントも「さんまさんと! ほんとうにいいひとだった」「俺とも写真撮ってくださいっていったら、男は無理って言われたけど撮ってくれた」「さんまいい人すぎた笑」とどの人もさんまをベタ褒めしている。そして彼と一緒に写る人たちも皆、とびきりの笑顔を見せていた。

画像は『愛可 2017年7月10日付Instagram「表参道でさんまさんに遭遇!」』『ベイカー恵利沙 2017年7月10日付Instagram「表参道を歩いていたら!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)