初の始球式を行った石井杏奈(提供写真)

写真拡大

【石井杏奈/モデルプレス=7月12日】E-girlsの石井杏奈が11日、埼玉・メットライフドーム(埼玉西武ドーム)で行われた埼玉西武ライオンズVS千葉ロッテマリーンズの始球式に登場した。

【さらに写真を見る】E-girls石井杏奈、ノーバンならず!始球式の様子

埼玉県の秩父を舞台にした映画『心が叫びたがってるんだ。』より、仁藤菜月役の石井が始球式に登場。歓声が響き渡る中、「NATSUKI 7.22」のオリジナルユニフォームでマウンドへあがった。

初めての始球式ということもあり緊張した面持ちの石井だったが、この日が19歳の誕生日であることがアナウンスで告げられるとにっこり。観客も拍手と歓声で誕生日を祝福した。

引きしまった表情の石井は伸びやかな投球フォームで大きく右腕を振り抜くと、ボールはノーバンにはならなかったものの、ツーバウンドしてキャッチャーミットへ。温かい拍手が球場を包み込んだ。

◆初の始球式…感想は?


始球式を終えた感想を聞かれると「残念ながらノーバウンドでは届かなかったです」と悔しがり「実は過去にソフトボール部の役をやらせていただいたり、弟が野球部なのでよくキャッチボールをしていたので、投げる前はちょっとだけ自信があったんです。昨日も弟に会ったら、アドバイスをもらいました。肘から投げるんだよって(笑)」と弟とのやりとりを紹介。「でも、球場に入ってからマウンドとユニフォームを見たときに実感が湧いてきて、緊張してしまいました。球場の裏で練習をしていたんですが、18メートルの距離が届かなくて。それで一気に緊張が高まりましたね」と振り返った。

「リラックスすれば、もっと上手に投げられたかもしれませんね」と声をかけられると「実は弟が球場に来ていたんです。あとで感想がもらえるかもしれません」とコメント。今回の始球式については「仁藤菜月として投げさせていただいたんです。『ここさけ』に関わっていたからこそできた始球式だと思いますし、野球を好きなみなさんにも『ここさけ』を見ていただけたらなと思いながら挑みました。『ここさけ』がもっと広がればいいなと思います」と語り、期待を込めた。

◆19歳の誕生日


劇中に菜月の投球シーンはあるか聞かれると「残念ながら投球シーンはないんですが(笑)、ミュージカルをやったり、歌ったりしています。ぜひ、そこも観ていただきたいです!」とアピール。

この日19歳の誕生日を迎えたことから、意気込みを尋ねられると「19歳は……仁藤菜月みたいな女性になりたいです!高校生なのに大人っぽいですし、正義感もあって、まわりからも愛される女の子で、私自身も憧れています」と誓った石井。誕生日に初めての始球式を経験したことを「こんなふうに誕生日を過ごせるなんて思ってもいませんでしたし、何年経っても忘れない19歳の誕生日になりました」と噛み締めた。

◆映画「心が叫びたがってるんだ」


映画は同名の劇場版オリジナルアニメを実写映画化。埼玉・秩父の高校を舞台に、「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命された4人がクラスメイトたちと一緒にミュージカルの公演を目指し、次第に心を通わせていく青春ラブストーリーとなっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】