ジョエル・エンビード【写真:Getty Images】

写真拡大

76ersのエンビードHR競争で“躍動”…白球掴んだ大きすぎる手にファン仰天

 NBAフィラデルフィア・76ersの若きスター、ジョエル・エンビードが、意外な場所で驚異的な“リバウンド”を見せつけ、複数の米メディアが報じるなど、全米で大きな話題になっている。

 NBAの巨人が、夢の祭典でまさかの躍動だ。

 2014年にドラフト1巡目3位で選出されたエンビードは故障続きのキャリアを過ごしていたが、実質NBAデビューイヤーとなった今季31試合に出場。平均、20.2点、7.9リバウンド、2.1アシストと活躍し、左膝の半月板の損傷で離脱するまではエース級の働きを見せた。

 そんなエンビードがオフを利用し、訪れた場所が、米大リーグのマーリンズ・パークだった。10日に行われたMLBのホームランダービーを外野席で観戦。身長213センチ、体重113キロという恵まれたフィジカルの持ち主は意外な才能を発揮した。

 なんと、ファンがひしめく客席の中でホームランボールをキャッチしたというのだ。自身のツイッターを更新したエンビードは「そして、オレはボールをゲットした」と投稿。「ホームランダービー2017」のハッシュダグとともに、外野席で巨大な右手でボールを握りしめる“証拠写真”も掲載した。

 コメント欄では、ホームランボールをキャッチしたことはもとより、公式球が小さく見えるエンビードの手のたくましさに衝撃が走っていた。

「ゴルフボール?」「ピンポン玉?」「キングコング?」…おまけに野球転向論も浮上

「これはゴルフボールを持っている私みたいだ」

「すごいな、君は鍋つかみを持っているのか」

「信じられない、まるでピンポン玉ね」

「あなたはキングコングなの?」

しかし、エンビードのキャッチング能力は終わりではなかった。「そして、ボールを集め続ける」というコメントとともに、大きな右手で2球を、手のひらで悠々と包み込む写真も紹介。なんと1球のみならず、2球もキャッチしたようだ。

すると、ファンからは野球選手への転向論も浮上した。

「あなたの手なら外野のほとんどカバーできそうだね」

「最高にクレイジーなサークルチェンジが投げれそうだ」

「史上最高だ。彼はピッチャーになるべきだった。ランディ・ジョンソンも顔負けじゃないか」

「これはカッコいい」

「人間グローブですか」

米メディアも続々速報「ジャッジとともに巨大、そして高い勝利者となった」

 故障がちのエンビードだけに、ホームランキャッチで怪我しないか心配する声も上がっていたが、カメルーン生まれ米国育ちの野生派は「オレは素手でライオンを倒したことがある。だから、自分のことは偉大だと思っているんだ」と謎のメッセージも発し、アピールしていた。

 ホームラン競争は、ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手は47本を放ち、初優勝を飾ったが、2つのホームランボールをゲットしたエンビードもまた主役となり、地元メディアもNBAの巨人を特集している。

 ワシントンポスト紙の電子版は「ジョエル・エンビードはMLBのホームランダービーでアーロン・ジャッジとともに巨大、そして、高い勝利者となった」と報じた。

 MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」も「彼の巨大な手のおかげで、ジョエル・エンビードはホームランダービーの記念品を2個持って帰る」と特集。左翼席に陣取ったポジショニングが評価され、「彼は何本がホームランをキャッチできる完璧なポジションに座っていたのだ」と伝え、はホームランボールをゲットしてウキウキのエンビードの動画も紹介している。

 エンビードはホームランダービーをすっかり堪能した様子。「アーロン・ジャッジは野獣だ」とツイートするなど、スラッガーとの“競演”を大暴れした左翼席から楽しんでいた。