森下悠里「枕営業を拒否」の過去を打ち明けるも衝撃の視聴者反応が!

写真拡大

 思わず視聴者もツッコんでしまった!?

 7月6日深夜に放送されたバラエティ「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(テレビ東京系)に、先月に一般人の男性と結婚し、それに伴い12年間続けてきたグラドルを卒業した森下悠里が出演。過去に枕営業の誘いを受けていたことを明かしている。

 森下は枕営業について「確かに一部ではいまだにある」と、その存在を認めており、関心を示したMCのネプチューン・名倉潤からの「枕営業って誰と寝るの?」という質問にも「偉い方。決定権のある方ですね」と説明。

 森下もデビュー当時のハタチになって間もない時に有名な出版社の名前を出され、その出版社の発行で「写真集を出したいよね?」と聞かれ、それにイエスと答えると、ホテルのスイートルームに連れて行かれたとのこと。

 そこにはバスローブを着たおじいさんが座っていたといい、「で、どうするの?」と彼に聞かれたというが、森下はお手洗いに行くと嘘をついてバッグを持って逃げたと当時を振り返った。

 こういった枕営業事情には興味がある世の男性も多そうだが、今回の森下のエピソードについてはネット上で「いやいや、枕営業受けてたでしょ」「枕営業しないで12年間グラドルで生き残れるわけがない」「本当は枕営業しましたって認めた方が潔いと思うけどな」など、なぜか森下も枕営業をしていたのでは?と、疑いの目を向ける人も少なくなかったのである。

「というのもグラドルは給料事情はかなり厳しいと言われていますが、そこまでテレビで頻繁に見るわけでもない森下が家賃100万円のマンションに住んでいたり、セレブな生活を送っていることもあって疑われたようですね。もっとも、森下の父は不動産会社を経営しているということですから、実際はリアルパパの力もあるのかもしれませんが」(エンタメ誌ライター)

 森下としてはグラドルを卒業したこともあって、今カミングアウトしてもノーダメージかと思ったのかもしれないが、思わぬ反響を呼んでしまったようだ。

(田中康)