明石家さんま

写真拡大

11日放送の「踊る!さんま御殿!! 夏の3時間SP」(日本テレビ系)で、フリーアナウンサーの石井希和が、局アナ時代の壮絶な恋愛遍歴を暴露した。

番組では、石井や住吉美紀、新井恵理那といった、元局アナのフリーアナウンサー勢と、司会の明石家さんまがトークを繰り広げた。そこで石井は、局アナ時代の経験を暴露する。

石井によると、とある取材に先輩アナに同行したそうだ。先輩アナは石井に「こんなタレントさんからラブレターもらっちゃった。でも断るんだよね。困ったなあ」と打ち明けてきたそうだ。ところが、ラブレターの相手は当時の石井の交際相手だった。

この結末に共演する女性陣から悲鳴があがった。当時、石井と交際中だった男性タレントは、目の前の先輩アナに乗り換えようとしていた、というわけだ。

さんまは、先輩アナが石井と男性タレントの関係を知った上でラブレターの件を意図的に伝えてきたのだろう、と深読みした。「『アンタもう別れなさいよ』ってことやろ?」というのだ。

石井は、その一件から男性タレントを「女子アナが好きなんだな、っていうのがよく分かって…」といい、交際は終わったとのこと。さんまは真顔で「それ以上言うなよ? 絞れてくるから」とくぎを刺し、スタジオの笑いを誘っていた。

【関連記事】
加藤綾子 フジテレビ時代に1番仕事を辞めたかったときを告白
出水麻衣アナが局アナの厳しい現実を告白 年齢上昇で「第二希望」に回される
古舘伊知郎氏がテレ朝アナウンス部のスパルタぶりを明かす「封建的だった」